ブログトップ
待ちきれないかも
最新作のニューモデルの『ローラ』が出来てきました(^-^)

思い通りに仕上がって来て作っていてもワクワクします。

c0052933_20543988.jpg


もうちょっと作業が残ってるんですけど、早く完成したお姿お披露目したいです!
[PR]
# by lovecarrie1 | 2011-05-08 20:55 | Knitting
ワンコパラダイス
連休最後の月曜日はSeven Sistersへ。

車で2時間ちょっとでビジターセンターに到着。

c0052933_1744225.jpg


取りあえずはランチでしょうという事で併設のカフェへ。
ワンコフレンドリーな場所で回りも犬連れ率高し(^-^)

あっちを見ても

c0052933_17474657.jpg


こっちを見ても

c0052933_1750020.jpg


足元を見ても

c0052933_17513280.jpg


ワンコだらけっ!

c0052933_17524233.jpg


「高みの見物ですよ」

そんなこんなしていたら私のランチがテーブルに到着。

c0052933_17561127.jpg


顎が外れそうな程の直径のバゲットサンド。
どうやって食べたら良いのよ、このサイズ。しばし呆然とする私でしたが、結局バラバラに分解して食べました。美味しかったけど構造に問題ありでしょ、このサンドイッチは(=_=;)

さてお腹も一杯になったので海岸を目指して歩き出した私達。
この後に待っていた苦行を知る由もなく歩調は軽かったのでありました...

c0052933_1802863.jpg


続きに乞うご期待(?)
[PR]
# by lovecarrie1 | 2011-05-08 17:53 | Travel
両袖完成!
連休にリフレッシュしたので気分も新たに作品作りに没頭しております。

今日の夕方には両袖が完成しました(^-^)

c0052933_445876.jpg


袖のイメージはこちらがインスピレーション。

c0052933_484158.jpg


もちろんそのまんまじゃないですけどね。
こちらのステッチは私のオリジナルなのですが、basket stitch=籠編みと命名。

c0052933_4112816.jpg


後は糸始末とボタン作りかな(^_<)b
[PR]
# by lovecarrie1 | 2011-05-06 04:13 | Knitting
有意義な一日
2週続きのバンクホリデーがとうとう終わっちゃいましたね。

お休み中は夫&毛だらけ先生とゆっくりしたかったので編み物には手をつけませんでしたが、今日からまた再開です。

c0052933_5182353.jpg


袖が良い感じに仕上がって来てるのですよ〜(^-^)

c0052933_5194425.jpg


編みながらニコニコ顔(笑)!

で、苺邸の方を見ると毛だらけ先生が何かおかしなことに...

c0052933_522367.jpg


何故かクッションの下に潜り込んで和んでいらっしゃいました。
先生、なんでそのような格好をされているんですか?

c0052933_5235868.jpg


「何かね、落ち着くですよ」

重くはないんですかね?非常に妙なお姿なんですけど(^-^;)
[PR]
# by lovecarrie1 | 2011-05-04 05:26 | Knitting
Rye, here we come!
夫も沢山面白い写真が撮れたようでニコニコ顔で戻ってきました(^-^)

毛だらけ先生もキャリーでスタンバってますよ。

c0052933_2285322.jpg


ジャーマン邸のお隣さんは洗濯物を干してました。何だか間抜けな背景ですな。

さてアフタヌーンティーをしに今度はすぐ側のRyeを目指します。
30分程でお目当てのCobble's Tea Room!

c0052933_2321665.jpg


ロイヤルウェディングのせいかティールームも静かでゲストは皆ゆったりとお茶を楽しんでいる様子。
私達もティーで乾いた喉を潤しましょう。
毛だらけ先生も外のテラスで午後の柔らかな日差しをエンジョイ中。

c0052933_2345779.jpg


勿論お茶だけじゃなくてケーキとスコーンも!

c0052933_2501055.jpg


スコーンにはお約束のジャムとクロッティドクリームですが、さらにフレッシュな苺もそえられてました。これをクリーム&ジャムの上に載っけてスコーンと一緒に食べるとおぉぉいしいっっっ(^0^)
毛だらけ氏もスコーンの欠片を貰って大満足でしたし。
更に夫とチョコファッジケーキをシェアしたのですが、これがまた美味いんですわ。至福の時だったかも。

c0052933_240698.jpg


こんな風に時間を過ごす度に自分がイギリスに居を構えられた事をしみじみ幸せに感じますね。もう人生の半分近くをこちらで過ごしている訳だからまあある意味自分にとってはイギリスの方がMY HOMEなんだと思うのですが。

c0052933_2432024.jpg


車を停めた場所に戻る途中に通りかかったケーキ屋さんのウィンドーもロイヤルウェディングのテーマで飾られていました。出掛ける前にデジタルボックスに録画予約してきたから家に帰ったら見なくっちゃだわ。

c0052933_2452953.jpg


帰り道はちょっと疲れたのかキャリーの中でうつらうつらしている毛だらけ先生。
楽しかったね〜。またお出掛けしようね(^_<)v
[PR]
# by lovecarrie1 | 2011-05-01 02:46 | Travel
家主不在の家
Dungenessに来たら絶対に訪れたいのはDerek Jarmanのコッテージ(^-^)

c0052933_043516.jpg

彼はイギリスの著名な映画監督なのですが、1994年にエイズで亡くなりました。デリックが亡くなる直前迄住んでいたのがこのダンジネスの家なのです。

c0052933_0473133.jpg


生前彼は浜辺で見つけた漂流物を使って色んなオブジェを作っていました。

c0052933_0494480.jpg


随分重たそうな物もあってあの歩きにくい砂利浜から持って来るのは大変だったろうなあと。

c0052933_0511946.jpg


この庭が作られていった過程は彼の本に写真付きで綴られているので興味があったら是非手に取ってみて下さい。

c0052933_055471.jpg


ダンジネスは風が強い場所なのでこのように繊細なオブジェは定期的にメンテされているんでしょうね。多分彼の生前のパートナーがやっていると思われます。

c0052933_0572173.jpg


誰もいなかったので本当はエチケット違反なんですけど、家の中を覗かせてもらっちゃいました。デリックがここでどんな生活をしていたのかなあ。ベッドルームもガラス窓越しに見えたのですが、暗いマホガニー色の木彫の造作で統一されていて何だか修道僧の部屋のようでした。シンプルに自分と向き合う空間としてこのコッテージを使っていたんでしょうかねえ。

c0052933_115645.jpg


カエルがお好きだったようで、小さなコレクションが窓辺に飾られていました。家主が去ってしまったこの家はまるでタイムマシーンのようですね。彼が居た時で時間が止まった家なんだと実感しました。

c0052933_17496.jpg


こんな風に彼の家の回りにはな〜〜〜〜〜〜んにも無いのですよ。見渡す限りの砂利。

c0052933_1101796.jpg

そんな環境故木は一本もありません。人間以外に生存しているのは地べたに張り付くように生存する苔や花キャベツのようSea Kaleという植物達。下には土がある訳ではないので踏みつけるとふにゃふにゃで歩くには不向きです。

「どこを歩いていいのか分からんですよ」  途方くくれる毛だらけ氏。

そういえばダディはどこに行っちゃったのかねえ。

c0052933_1191865.jpg


夫は一眼レフのカメラを持って来てたので浜辺に放置されている物体や建物を撮りに行っちゃってなかなか帰って来ないんですわ。
まあここで座って気長に待ちますか。そろそろアフタヌーンティーしに行きたいんだけどなあ...。
[PR]
# by lovecarrie1 | 2011-05-01 00:53 | Travel
砂利浜ブルー
ランチの後はDungeness周辺を散策(^-^)

海岸に向かってEnglish Heritageが設置してくれた舗道を歩いていきます。

c0052933_1785254.jpg


ここの海岸はShinglesという砂利で覆われた砂利浜でしてこの砂利の上を歩くのはなかなか大変!

c0052933_1772415.jpg


足元がずぶずぶと沈むのでなかなかスムーズに歩けないんですわ(=_=;)
あんよが小さい毛だらけ先生にはかなり深刻な問題なようです。

c0052933_17113349.jpg


慎重に歩を進められるご本人なんですが...。
どうにもごつごつしてるのが肉球に辛いご様子...。

c0052933_1713151.jpg


暫く進まれてから立ち止まってしまいました。

「痛くて嫌ですよ」

普段から街中の舗道とかカーペットの上とかしか歩いていらっしゃらない柔な肉球にはこれは苦行かもしれませんな。

c0052933_1717177.jpg


もう歩くのは沢山とばかりに座り込まれてしまわれたので残りの散策は抱っこ状態で(爆)。

c0052933_17302525.jpg


「すたこらさっさ〜ですよ」

砂利よりは歩き易い舗道なんですが、材木同士のギャップが結構広くてたまに毛だらけ氏の足が落っこちたりしてこれまたちょっと大変(^-^;)

c0052933_17333526.jpg


彼方に見える四角い建物は廃棄されて原子力発電所。2006年に廃棄されて今は使用済み核燃料を格納しています。原発の周辺って何かこう奇妙な雰囲気が漂っていますよね。近付き難いというか、こう『禁断』的なムードがあると感じます。この海岸は頻繁に霧も出るのですが、それが尚更この奇妙な雰囲気に拍車をかけるように思いますね。
[PR]
# by lovecarrie1 | 2011-04-30 17:18 | Travel
喧噪から離れて...
今日はロイヤルウェディングだったんですが、我が家はケントのシーサイドにいっておりました(^-^)

別にウェディングを避けてというつもりも無いのですが、どうせ遠出をするならあまり混んでなさそうな日が良いかなと思ったし、それに毛だらけ先生が花粉症で具合が悪かった時はずっと家に籠ってましたからお出掛けしたくってウズウズしてたのですよ
c0052933_218821.jpg


「今日は僕がずっと運転するよ」って夫が言ってくれたので私は毛だらけ氏と助手席でリラックス。

c0052933_2205529.jpg


「ダディは飛ばし屋ですね」

夫ったらちょっとスピード出し過ぎでちょっと恐いんですわ。カメラがあっちこっちにあるんだから気をつけてくれないと〜。
さて今日の我々の目的地はこちら。

c0052933_3271921.jpg


New RomneyとRyeの中間地点の三角形の先端にあるDungenessという場所。
ここはとっても幻想的で不思議なシーサイドなのですわ。
ロンドンからの道すがらiPhoneで一応ウェディングの進行状況もチェック。

c0052933_3364619.jpg


非常に便利な世の中になりましたよね〜。
ロンドンを出てから2時間きっちりでダンジネスのパブに到着!

c0052933_7195556.jpg


レストランは12時からと聞いていたので早速ランチですわ♪
で、中に入ると室内はロイヤルウェディング仕様になっておりました。

c0052933_7261777.jpg


まあほとんどの人は家でテレビを見てるのかパラパラ〜位しかお客さんは居なかったんですけどね(^-^;)

c0052933_7281245.jpg


毛だらけ先生も久しぶりの遠出に嬉しそう。ビアガーデンのあちこちをフガフガ嗅ぎまくっていらっしゃいましたよ。鼻詰まりが治って良かったね。

c0052933_7301972.jpg


お待ちかねのランチは夫はフィッシュ&チップス、私はスカンピ&チップス。毛だらけ先生はバター付きのパンをちょっとお裾分けしましたわ。ちょっと風は肌寒かったけど外で食べるランチは何よりのごちそうでしたよ。

まだまだ続きがあるんですが、今日はあちこち行って疲れたので残りは明日でもアップしようと思います(^0^;) 乞うご期待!
[PR]
# by lovecarrie1 | 2011-04-30 02:23 | Travel
秒読み状態?
毛だらけ先生はお薬が効いたようですっかり良くなりました(^-^)

c0052933_653495.jpg


くしゃみも鼻詰まりも治まっていつも通り元気一杯のご様子。良かったね〜。

「そろそろお出掛けも出来そうですよ」

さて今日は夫とスローンスクエアのテーラーへ。去年の秋に修理を頼んだ服の事をすっかり忘れていたのですが、先日それのチケットが出て来てビックリ。取りに行ってきました(^-^;)

c0052933_702463.jpg


で、ちょっと小腹が空いたので側のカフェでケーキ&ラテブレイク。バナナとクルミのケーキはもっちり&しっとりしたテクスチャーで美味しかったですよ。その後タワーブリッジ近くのDesign MuseumにブラックキャブでGO。

ウエストミンスター寺院近くに差し掛かったら金曜日のロイヤルウェディングのための準備が着々と行われていましたわ。

c0052933_733994.jpg


カセドラルの入り口の真ん前に仮設の建物が出来てました。
道を挟んで反対側はもっと大変な事に〜!

c0052933_753528.jpg


2階建てのこれはメディアセンターかなんかですかねえ。
海外のメディアらしき人達がうろうろしてました。

c0052933_78478.jpg


その下の舗道には数日前からキャンプして場所取りをしている人々が。皆さん熱心ですね。

私はというと...あんまり感心無いんですよね〜。ロイヤルファミリーとかに熱を上げてる人達って地方に住んでる爺婆子供っていう印象なんですが。ちなみに生粋のイギリス人の夫は私に輪をかけて感心ないですしね。まあ国民の血税によって維持されているロイヤルファミリーですからせめてこういうオケージョンでは綺麗なパレードでもやって国民の目を楽しませるべきでしょう。あ、ちなみにケイトミドルトンのドレスは誰がデザインしたのかはかなり興味ありますが。

c0052933_7154115.jpg


デザインミュージアムではオランダ人のグラフィックデザイナーWim Crouwelのエキジビションを見ました。ともするとゴテゴテギラギラと目を汚染するようなメディアも多い昨今、彼の仕事のように簡潔かつ知的な仕事振りを見るとホッとして頭がスッキリしますね。

c0052933_7222451.jpg


こんな雲一つない青空なのに金曜日は時折強い雨という予報が出ちゃってるんですよね。別に興味は無いけどだからっていってせっかくのウェディングが雨というのは気の毒なので是非予報が外れてくれたら良いなあと思いますね。。。
[PR]
# by lovecarrie1 | 2011-04-28 07:24 | Everyday life
経過報告
土曜日の時点でどうも毛だらけ先生の具合が良くならないので昨日獣医さんに行ってきました。

処方されたシロップなのですが、飲むのをとても嫌がってむせてしまうのですね。それが喉から鼻に逆流してしまって飲ませる前よりもっとくしゃみが酷くなってしまうという状態でした。

c0052933_18583673.jpg


映画のGroundhog Dayのごとくまたまた獣医さんのテーブルに逆戻りの毛だらけ氏。哀愁漂う見返りチワワの図。

「堂々巡りは嫌ですよ」

で、動揺気味な毛だらけ氏と一緒に持ち帰ったのはこちら。

c0052933_1933845.jpg


獣医さんにお願いして今回のアンチヒスタミン剤は錠剤にしてもらいました。それと鼻の状態を鎮める抗生物質。その他は喉の炎症を抑えるお薬。

後から後からあれこれ飲まされるのにすっかり嫌になってしまったご様子の毛だらけ先生。

c0052933_1964189.jpg


「もううんざりですよっ」

とでも言いたげに自分からキャリーの中に潜り込んでしまったのですよ(^-^;)

c0052933_1982542.jpg


気持ちは分かるけど、完治する迄もうちょっと我慢して頑張らないとね。

「早くいつもの自分に戻りたいですよ」

私も早く自宅軟禁状態から解放されて一緒にお出掛けしたいわよ〜〜〜〜!
[PR]
# by lovecarrie1 | 2011-04-25 19:10 | Doggie