ブログトップ
<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Luxury Society
ブログの方はすっかり放置プレーでしたね(^-^;)
実は編み物を頑張り過ぎて左手が痛くなっちゃったのでマックからも遠ざかっておりました。

話は変わって昨夜はセントジェームスの某ホテルで開かれたLuxury Societyのミーティングに参加してきましたよ。

c0052933_3541856.jpg


シャンペン片手にスピードデーティングの如くネットワーキングをするのですが、中には自分とは全く関係なさそうなラグジュアリー産業の方も居たりして。名刺交換しても多分将来関わる事はないだろうなあみたいな。接待でフェラーリとかヘリコプターとか私にはあり得ないですから(^0^;)
でもまたいつ役に立つか分からないから名刺取っておきますけどね。ちなみにロンドンのヘリコプターツアーは一機に二人乗りで£300だそうです。想像してたより全然お手軽な値段でちょっとびっくりしました。だって以前飛行機乗りの義理父にジャンボジェットのシュミレーター体験のプレゼントをしたのですが、そちらは5年以上前で£380でしたから。訊いてみないと分からないものだわ〜。
[PR]
by lovecarrie1 | 2011-05-25 04:01 | Everyday life
完成!
Lauraが完成しましたよ〜(^-^)

c0052933_3185795.jpg


自分で言うのもなんですけど、かなり満足度の高いモデルです。

c0052933_320387.jpg


袖のフォルムはこんな感じ。こんな風だと指先の繊細さが強調されるような気がします。

c0052933_324598.jpg


後ろはこうなってます。
まだ夏も来ていないのにもう既に秋冬が待ちきれない気分(^0^;)

さて私が編み物に没頭するとブルーになるのはこのお方...

c0052933_3271492.jpg


「放ったらかされてさみしいですよ」
[PR]
by lovecarrie1 | 2011-05-11 03:22 | Knitting
待ちきれないかも
最新作のニューモデルの『ローラ』が出来てきました(^-^)

思い通りに仕上がって来て作っていてもワクワクします。

c0052933_20543988.jpg


もうちょっと作業が残ってるんですけど、早く完成したお姿お披露目したいです!
[PR]
by lovecarrie1 | 2011-05-08 20:55 | Knitting
ワンコパラダイス
連休最後の月曜日はSeven Sistersへ。

車で2時間ちょっとでビジターセンターに到着。

c0052933_1744225.jpg


取りあえずはランチでしょうという事で併設のカフェへ。
ワンコフレンドリーな場所で回りも犬連れ率高し(^-^)

あっちを見ても

c0052933_17474657.jpg


こっちを見ても

c0052933_1750020.jpg


足元を見ても

c0052933_17513280.jpg


ワンコだらけっ!

c0052933_17524233.jpg


「高みの見物ですよ」

そんなこんなしていたら私のランチがテーブルに到着。

c0052933_17561127.jpg


顎が外れそうな程の直径のバゲットサンド。
どうやって食べたら良いのよ、このサイズ。しばし呆然とする私でしたが、結局バラバラに分解して食べました。美味しかったけど構造に問題ありでしょ、このサンドイッチは(=_=;)

さてお腹も一杯になったので海岸を目指して歩き出した私達。
この後に待っていた苦行を知る由もなく歩調は軽かったのでありました...

c0052933_1802863.jpg


続きに乞うご期待(?)
[PR]
by lovecarrie1 | 2011-05-08 17:53 | Travel
両袖完成!
連休にリフレッシュしたので気分も新たに作品作りに没頭しております。

今日の夕方には両袖が完成しました(^-^)

c0052933_445876.jpg


袖のイメージはこちらがインスピレーション。

c0052933_484158.jpg


もちろんそのまんまじゃないですけどね。
こちらのステッチは私のオリジナルなのですが、basket stitch=籠編みと命名。

c0052933_4112816.jpg


後は糸始末とボタン作りかな(^_<)b
[PR]
by lovecarrie1 | 2011-05-06 04:13 | Knitting
有意義な一日
2週続きのバンクホリデーがとうとう終わっちゃいましたね。

お休み中は夫&毛だらけ先生とゆっくりしたかったので編み物には手をつけませんでしたが、今日からまた再開です。

c0052933_5182353.jpg


袖が良い感じに仕上がって来てるのですよ〜(^-^)

c0052933_5194425.jpg


編みながらニコニコ顔(笑)!

で、苺邸の方を見ると毛だらけ先生が何かおかしなことに...

c0052933_522367.jpg


何故かクッションの下に潜り込んで和んでいらっしゃいました。
先生、なんでそのような格好をされているんですか?

c0052933_5235868.jpg


「何かね、落ち着くですよ」

重くはないんですかね?非常に妙なお姿なんですけど(^-^;)
[PR]
by lovecarrie1 | 2011-05-04 05:26 | Knitting
Rye, here we come!
夫も沢山面白い写真が撮れたようでニコニコ顔で戻ってきました(^-^)

毛だらけ先生もキャリーでスタンバってますよ。

c0052933_2285322.jpg


ジャーマン邸のお隣さんは洗濯物を干してました。何だか間抜けな背景ですな。

さてアフタヌーンティーをしに今度はすぐ側のRyeを目指します。
30分程でお目当てのCobble's Tea Room!

c0052933_2321665.jpg


ロイヤルウェディングのせいかティールームも静かでゲストは皆ゆったりとお茶を楽しんでいる様子。
私達もティーで乾いた喉を潤しましょう。
毛だらけ先生も外のテラスで午後の柔らかな日差しをエンジョイ中。

c0052933_2345779.jpg


勿論お茶だけじゃなくてケーキとスコーンも!

c0052933_2501055.jpg


スコーンにはお約束のジャムとクロッティドクリームですが、さらにフレッシュな苺もそえられてました。これをクリーム&ジャムの上に載っけてスコーンと一緒に食べるとおぉぉいしいっっっ(^0^)
毛だらけ氏もスコーンの欠片を貰って大満足でしたし。
更に夫とチョコファッジケーキをシェアしたのですが、これがまた美味いんですわ。至福の時だったかも。

c0052933_240698.jpg


こんな風に時間を過ごす度に自分がイギリスに居を構えられた事をしみじみ幸せに感じますね。もう人生の半分近くをこちらで過ごしている訳だからまあある意味自分にとってはイギリスの方がMY HOMEなんだと思うのですが。

c0052933_2432024.jpg


車を停めた場所に戻る途中に通りかかったケーキ屋さんのウィンドーもロイヤルウェディングのテーマで飾られていました。出掛ける前にデジタルボックスに録画予約してきたから家に帰ったら見なくっちゃだわ。

c0052933_2452953.jpg


帰り道はちょっと疲れたのかキャリーの中でうつらうつらしている毛だらけ先生。
楽しかったね〜。またお出掛けしようね(^_<)v
[PR]
by lovecarrie1 | 2011-05-01 02:46 | Travel
家主不在の家
Dungenessに来たら絶対に訪れたいのはDerek Jarmanのコッテージ(^-^)

c0052933_043516.jpg

彼はイギリスの著名な映画監督なのですが、1994年にエイズで亡くなりました。デリックが亡くなる直前迄住んでいたのがこのダンジネスの家なのです。

c0052933_0473133.jpg


生前彼は浜辺で見つけた漂流物を使って色んなオブジェを作っていました。

c0052933_0494480.jpg


随分重たそうな物もあってあの歩きにくい砂利浜から持って来るのは大変だったろうなあと。

c0052933_0511946.jpg


この庭が作られていった過程は彼の本に写真付きで綴られているので興味があったら是非手に取ってみて下さい。

c0052933_055471.jpg


ダンジネスは風が強い場所なのでこのように繊細なオブジェは定期的にメンテされているんでしょうね。多分彼の生前のパートナーがやっていると思われます。

c0052933_0572173.jpg


誰もいなかったので本当はエチケット違反なんですけど、家の中を覗かせてもらっちゃいました。デリックがここでどんな生活をしていたのかなあ。ベッドルームもガラス窓越しに見えたのですが、暗いマホガニー色の木彫の造作で統一されていて何だか修道僧の部屋のようでした。シンプルに自分と向き合う空間としてこのコッテージを使っていたんでしょうかねえ。

c0052933_115645.jpg


カエルがお好きだったようで、小さなコレクションが窓辺に飾られていました。家主が去ってしまったこの家はまるでタイムマシーンのようですね。彼が居た時で時間が止まった家なんだと実感しました。

c0052933_17496.jpg


こんな風に彼の家の回りにはな〜〜〜〜〜〜んにも無いのですよ。見渡す限りの砂利。

c0052933_1101796.jpg

そんな環境故木は一本もありません。人間以外に生存しているのは地べたに張り付くように生存する苔や花キャベツのようSea Kaleという植物達。下には土がある訳ではないので踏みつけるとふにゃふにゃで歩くには不向きです。

「どこを歩いていいのか分からんですよ」  途方くくれる毛だらけ氏。

そういえばダディはどこに行っちゃったのかねえ。

c0052933_1191865.jpg


夫は一眼レフのカメラを持って来てたので浜辺に放置されている物体や建物を撮りに行っちゃってなかなか帰って来ないんですわ。
まあここで座って気長に待ちますか。そろそろアフタヌーンティーしに行きたいんだけどなあ...。
[PR]
by lovecarrie1 | 2011-05-01 00:53 | Travel