ブログトップ
<   2009年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
On one fine saturday afternoon...
この土曜日は夫が不在です。
実は義父さんは小型飛行機を持っておりましてそれを操縦するのが趣味なのですが、久しぶりに天気が良さそうな週末なので一緒に飛ばないかというお誘いがあったのですね。でも私は以前飛んだ時に酷く酔って辛い思いをしたので絶対にパス〜(>_<;) それ故夫だけが行きました。義父さんもそろそろ年齢的に操縦免許が更新しにくくなって来ていて出来るだけ今のうちに沢山飛んでおきたいという気持ちが強いようです。

c0052933_1464893.jpgさて私と言えばせっかくの土曜日なのだからブロードウェイマーケットにでもと思い毛だらけ先生を同伴して出発♪
車を出そうかなと思いながらも「エコよっ」とバスで。我が家から30秒ほどの所にあるバス停からマーケットまでバス一本で行けるのですから。ただね、この394番は例のホッパーバスなのですよ。この手のミニバスって実は苦手なのですわ。何故かと言うと体臭の臭い男性とかが乗っている率が高くて(=_=;)
体臭とか口臭とかって本当に勘弁して欲しいですよね。貧乏だからとかって言い訳にならないです。要するにその人がだらしないっていうことでしょ。周りの迷惑考えてほしいかも! ちなみに今回乗ったバスにも居ましたよ、そういうのが。一瞬車出せば良かったって真剣に悔やむほど臭かったです(T0T)

c0052933_1583539.jpg今日のお目当てはアンティークのボタン。いつも寄るストールで思う存分ボタン探しさせてもらいました。私の場合数がある程度揃っていないと話にならないのですが、今回はまあまあの収穫でしたね(^-^)

c0052933_205192.jpg今朝は何となく食欲が無くてドライフルーツ&ナッツとコーヒーだけだったので1時を回ったら少しお腹がすきました。ストールで買って歩きながら食べるより座ってゆっくりしたかったのでCiliciaへ。このレストランはトルコ料理が専門でケバブ系のメニューが主です。

c0052933_2102337.jpg雲が多い空模様だったのですが、それでもたまに顔を出す太陽の日差しが強い事!日本だったらここで日傘、ダースベイダーみたいなサンバイザーそれと指無し長手袋が登場するんでしょうね。ヨーロッパであれって絶対にあり得ないですから(笑)。

「太陽電池充電中ですよ」

c0052933_2144725.jpgラムのトルティーヤラップのサラダ添えにしてみました。私は完全に肉食系なのでラムとか癖のあるお肉大好きです。私にとってラムはお肉の中で一番美味しいと断言出来るほど!
ちなみにこのラップの感想ですけど、う〜んもっと大きな塊のお肉がゴロゴロ入っていて欲しかったかな。私の胃袋には丁度いいヴォリュームではあったのですけどね。

c0052933_21957.jpg毛だらけ先生もトルティーヤの部分を食べて大満足。ワイングラスからお水も飲んで食休み中ですよ。
私はお隣同士になったスペイン人の3人組とワンコ談義で盛り上がりました。私にとってロンドンのどこが好きかと言うと何といってもこんな風に色んな国の人と巡り会えることでしょうか。ロンドンって人種の坩堝ですからね。例え同じ人と二度行き会うことがなくても、人と出会えて楽しい時間をわずか10分でも共有出来るというのは自分の人生を豊かにしてくれるなあといつも幸せに思います。

c0052933_2273941.jpgブロードウェイマーケットを後にしたらいつものルートでコロンビアロードに向かいます。
途中にはハックニーシティーファームがあるのですが、そこに良さげなレストランがあるのです。ランチは毎日やっているようなのですが、毎週木曜日のみディナーもサーブしているようなので是非夫を誘って来てみなくっちゃだわ。

c0052933_2375891.jpgちなみにこちらがディナーのリザベーション用の電話番号。それも携帯の番号っていうのが何かとてもアットホームな感じで好感が持てます。

c0052933_240537.jpgのどかなコロンビアロード。
日曜日の押し合いへし合いが嘘のように静まり返っています。

c0052933_2425046.jpgそこここに開いてるお店もあるのですが、大多数は閉まっているのが残念。日曜日だけでなく土曜日も営業すればかなり集客力ありそうな通りなのですけどね。ブリックレーンやブロードウェイマーケットからお客さんは来ると思うのに...。

c0052933_2463435.jpg入りたいって思うお店に限って閉まってるんですよね(苦笑)。

c0052933_2474865.jpg夫が7時には戻ってくるというのでそろそろ帰り道。コロンビアロードの一番端っこのアンティーク屋さんに寄りました。こちらにはお友達のジャッキーとドミニクがいるのです。土曜日は忙しくないから3人で座ってお茶をしながらおしゃべり。ちなみにジャッキーはとても素敵な英語の先生でハムステッドの自宅を短期間のホームステイに提供しているのです。期間は1週間程度なのですが、100%イングリッシュの彼女が朝から晩まで英語のレッスンをしてくれるのでかなり勉強になるはず。興味のある方はj.ettinger@ukonline.co.ukまでどうぞ♪
そのうえ彼女は本格的なフローリストでもあるので滞在中はそちらもレッスン可なのですよ。
ドミニクは週日はICAにお勤めなのですが、私が「最近さっぱりご無沙汰だわ」と言うとこの夏用のプログラムをくれました。ほほぉ〜今月は日本の映画とかもやってたんですね。私は夫とウィリアム・エグルストンやキース・へリングのを見に行きたいかも〜。

c0052933_334625.jpg今日のお茶のお供はこちら♪
バニラ風味のカップケーキとラテですよん。カップケーキって見ているだけで幸せにしてくれるので好きです。お味の方は普通に甘くて特徴には乏しいんですけどね。やっぱり私にとってカップケーキはヴィジュアルが可愛いからつい手が伸びてしまうんでしょうねえ。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-26 01:56 | London guide
In his best behaviour...
久々に毛だらけ先生のお仕事に行ってきました。このリセッションが始まって何が一番影響を受けたかというと先生のお仕事が減ったという事!どこでも経費削減なのですね(=_=;)

c0052933_18201684.jpg今回はMOREという雑誌の撮影。ちなみにこの雑誌は日本の『モア』とは関係ありませんので。イギリスで数社から出ている週刊のゴシップ系女性誌だと思います。私はこの手の雑誌は一切読まないので内容はよく分からないんですが(-_-;)

c0052933_18255026.jpgフォトグラファーに「前足をちょこんと出して座らせる事は可能?」とリクエストされてそれに応える毛だらけ氏。

「ピースオブケイクですよ」

さすがモデル歴3年のプロね。

c0052933_1829644.jpg手前の黒いシャツをお召しなのがフォトグラファー。バッグを持っているのはそのアシスタントの方。彼は撮影中もラテを買いに行ってくれたりかいがいしく働いていらっしゃいました。
フォトグラファーの方がぼやいていたのはこの不況のせいでクライアント側が経費をあちこち削ろうとすること。以前は認めてくれた交通費も最近は自分持ちでと言われる事が多いんだそうです。「俺だって出来れば電車で移動したいけどこれだけ機材を持っては無理だろ」って諦め顔で仰っていましたわ。

c0052933_18361516.jpgいつもの事なのですが、モデル事務所からはビニーの仕事の内容とかは大まかなことしか聞かされていないのです。先生も私もあちこちの現場を経験済みなので事務所の方も安心して任せてくださっているようなので。
クライアントさんからは「読者モデルのお出掛けを取材した風」の撮影なんだとか。確かにこのモデルさんは背は高いけどぽっちゃりしていてイギリスの普通の女性っぽいでしょ。ちなみにイギリスの女性は日本女性と違って太目な方が多いです。
イギリス男性は痩せている女性よりぽっちゃり体型というか肉感的の方がお好みですからね。
お隣に立つアシスタントさんはショッピングバッグを持つ腕だけが出演。アシスタントさんってこの手の役目もあるんですよね。あのBritain's Next Top Modelの撮影の時もアシスタントさんが毛だらけ氏の載ったお皿を捧げ持っておられましたし。

c0052933_19492031.jpgこの日は雨こそ降らなかったものの風が強くて屋外の撮影には全く不向き。ヘアメイクさん泣かせでした。
そんな中唯一カメラ目線で撮影オッケーなのは毛だらけ先生。

「ボサボサでも可愛さは変わらないですよ」

人間とワンコは違います。

c0052933_2043361.jpg今度は室内での撮影。
モデルさんも10cmヒールで立っているポーズから解放されてホッと一息ついています。
いつも思うのですが、ビニーはお仕事の時に手間いらずで助かるのですよ。彼は知らない人にもフレンドリーなのですが嬉しがり過ぎて興奮するということはないし、私がその場を離れてもパニックを起こして半狂乱になることもないのです。
辛抱強く私のコマンドを聞いて同じポーズを取り続けてくれる健気な姿を見ると更に愛おしさが倍増しますね。スタッフからもお行儀が良いとお褒めの言葉を頂きましたよ(^-^)

c0052933_2014448.jpgちなみに毛だらけ先生の目線の先には撮影用の秘密兵器があるのですよ。
それはこのパン(笑)。ブリオッシュというと日本ではこの形が一般的だと思うのですが、こちらでは何故かこのミニサイズのコッペパン型ばかり。お味の方はほの甘くてしっとりふかふかで美味しいですよ。

「あのご褒美のためなら野越え山越えですよ」

先生にこの集中力を発揮して頂くためにお仕事の時のみにこのパンが登場するのです。
今月末には雑誌の方も発売されるそうなのでブリーダーさんにもお送りしなくては。ビニーの事を我が子のように気に掛けてくださっているのですよ。こんな風におつきあい出来るのもビニーがペットショップ経由ではなくて信頼出来るブリーダーさんから来たおかげです。Derbyってちょっと遠いのですが、そのうち毛だらけ先生同伴でご挨拶に行かなくっちゃね。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-24 18:24 | Doggie
Personal touch...
昨日右腕を痛めましてちょっとふさぎ込んでおります(T-T)

c0052933_22283116.jpg痛くなる前にカフェオレ色のジャケットが仕上がりました。タグを縫い付けて仕上げです。

c0052933_223049.jpg針仕事をしているというのに構って欲しくて側を離れないのはこのお方。やる気満々でお目目が爛々ですよ。チクッと針で刺されたらどうするのよ。
ちなみに後ろに写っているのは腕用のセルローラー。これってあのIKKOさんがお勧めなんですよね。私は編み物で腕が疲れるとこれでコロコロとマッサージしてます。気持ち良くて結構グーですよ。

c0052933_22381360.jpgこちらが完成したジャケット♪
どのジャケットも似たように見えるのですが、実は少しづつ改善を加えているのですよ。作るごとに自分の作品への納得度も高まって来る気がします。

c0052933_22472716.jpg一番最後に替えボタンとネームカードを取り付けて全て終了。
このジャケットが素敵なお客様と巡り会える事を願ってお店に配達です(^-^)

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-23 22:33 | Knitting
Ready to be shipped?...
毛だらけ先生の意味不明行動です。

c0052933_1553418.jpgふと目を上げると毛だらけ先生が変な格好???

c0052933_1571980.jpgこれは一体何なのよと近づいてみましたわ。先生ったら箱の蓋の部分に納まっていらっしゃいました。ソファーの上なのに何故わざわざ固い蓋の部分を選ぶのか。チワワの意味不明行動炸裂ですな。

c0052933_201855.jpgいぶかしげに首を傾げる私を見あげる毛だらけ先生

「箱入り息子ですから」

なるほどね(^-^;)

c0052933_261843.jpgすぐに箱の中はそれほど居心地が良くないということを悟られたのか抱っこを要求する身勝手な毛だらけ先生。

「やっぱりこっちの方が寝易いですね」

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-22 02:01 | Doggie
Never good at multi-tasking...
ちょっと忙しくてブログが放置状態です。
もうロンドンもぼちぼちセール時期は終盤ですね。それゆえ秋物のオーダーが入って来まして連日製作に専念しております。

c0052933_16503475.jpgお店があまり忙しくない午前中に納品へ行ってきました。気になるお店の景気の方ですが、まあまあだそうです。それを聞いてちょっぴり安心した私。

c0052933_16524730.jpg今回納品したのはベージュのショート丈のジャケットとグレーのロングジャケット。毎回なのですが、何故か納品というとドキドキしてしまうのですよ。無事に済むとホッとします。

c0052933_1713271.jpg滞りなく終ったら少し気が抜けてコーヒーが欲しくなりました。そういえば朝忙しかったから朝ご飯を食べていなかったんだっけ。クロワッサンとラテを求めて周辺をウロウロしたのですが、そういうカフェって意外と無いんですね、あの辺。結局面倒くさくなってしまってNeal's Yardの下のカフェにしてしまいました。このカフェは特筆すべきものはあまりないのですが、吹き抜けになっているせいで開放感があるのが良いかなと思います。雨の多いロンドンですから屋内でのびのびブレイク出来る場所は貴重ですよね。

c0052933_1713501.jpg第一希望はクロワッサンだったんですけどそれっぽい物は皆無。仕方なくこのブルーベリーマフィンにしてみました。一応『クリームチーズ入り』と謳っていたので中を割ってチェック。何か甘めのヨーグルト風味のクリームが詰まっておりましたわ。う〜ん、クリームチーズというにはちょっと疑問な食感。でもお腹が空いていたのでパクパクと食べてしまいました。

ブログなんですけど、忙しくなるとつい二の次にしてしまうのですよ。手の疲れ具合によってはキーボードに触りたくない時もあったりして。また気長に覗いてくださいね。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-20 16:55 | Knitting
LIfe sucked out before your eyes...
何だかあの猛暑が懐かしくなるほど涼しくて夏っぽくないロンドンです(=_=;)

c0052933_384623.jpgiTuneで嬉しい発見!
あのOcadoがiPhone用のアプリケーションを作ったのですね。早速ダウンロードしてお買い物してみましたが、私のアカウント情報も自動的にシンクしていて使い心地グーです♪

c0052933_281519.jpgさてOcadoのデリバリーが配達毎にタイムスを持って来てくれるのですが、その中で私の注意を引いたニュースの一つがこちら。脂肪吸引の手術が失敗した結果で患者さんが死亡してしまったという事です。脂肪吸引って美容整形の手術の中でも危険度が高いのですね。そういえばあのKayne Westのお母さんも手術が原因で亡くなられたと記憶にあります。私は脂肪吸引とかは今も将来も全く必要ないのでそういう意味ではラッキー。とはいえもう少し筋肉を鍛えた方が良いかなあと漠然と思っているのですよ。

c0052933_324667.jpgこのトレーシーメソッドのDVDは日本で購入。買ったその日にちらりと実家で見ただけでまだ始めていません。もうあれから随分日にちが経っているのにいけないわ〜(^0^;)
私の場合は『痩せる』よりも『鍛える』方が重要なのでこのDVDに賭けてみますね。

c0052933_3315738.jpgタイムズの付録の雑誌のメインフィーチャーはシャーロットゲンズブール。新作の Antichrist の中ではヌードシーンが多くてある意味汚れ役なのだそうです。裸のシーンに関しては彼女自身バストが大きくないとか足が太いとか諸々の悩みがあるのだと語っていましたが、そういう気持ちを彼女のようなセレブリティでも持っているんだと何だか益々親近感を覚えました。
それとひきかえ昨日ITVで観たあのジョーダンって何なのでしょう。ピアースモーガンがインタビューしてたんですけど、あなたどれだけ顔と身体を美容整形してるのって気持ち悪くなりました。泣いても笑っても額は全然動かないし、あれってボトックスでしょう。彼女には写真だけで勘弁してと思います。動くと不自然だから。
ああいう人造人間みたいな女性でも男性って惹かれるものなんでしょうかねえ。私が男なら絶対にシャーロットみたいな人に惚れると思いますが。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-13 03:11 | Health & Beauty
ロンドンの大人の部屋
先日さやかさんとお出掛けした時にあの本を頂きました(^-^)

c0052933_18242781.jpg紙帯に書かれたメッセージ『イギリスで見つけた、自分らしさを大切にした素敵な暮らし』はとても共感出来ます。

c0052933_18383969.jpg自分の家が本に載っているというのって不思議な感じですね。紙面で見た方が格好良く見える気がします。こういう形になるまで延べ5年掛かっているのですが、その間に建設業者とのトラブルとかもあって結構紆余曲折だったのですよ(汗)。

c0052933_18465894.jpgロンドンでは一般的なヴィクトリアンテラスハウスの一角のフラットを売ってこちらを買ったのですが、引っ越して来た時はタイミングが悪くてまだ住めるにはちょっと時間が必要でした。それゆえ1週間程ホテル住まいを強いられたりもして。
何とか住めるようになっても毎日埃との格闘に明け暮れまして"Home sweet home"とは言えない日々が待っていたのです。
まあそういう経験があったからこそ今の家にも愛着があるんだろうなあとは思うのですが。
さやかさん、とても良い記念になりました。ありがとうございました(^-^)

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-11 18:33 | Books
Expanding Jamie's empire...
お天気安定しないですね〜。ここ数日折りたたみ傘無しにはお出掛け出来ないロンドンです(=_=)

c0052933_16414954.jpgさて我が家から徒歩で1分半位のところにはあのJamieのレストランがあるのですが、そのせいでこのヴァンがいつもあちこちに停まっております。

c0052933_16461514.jpgこちらは私の住んでいる建物の向かい側にあるジェイミーの会社の一部が入っているビル。
Cairo StudioといってあのLove Actuallyという映画の撮影にも使われたのですよ。あの時は我が家の一体がロケバスだらけになって大変だったのよね。ちなみにこの建物は通りの名前がNileというのでそれにちなんで外壁がエジプト風に塗られているのがお茶目でグーです(^-^)

c0052933_1711489.jpg「ビニーもジェイミーちゃんは2回遭遇したことありますよ」

運転手兼用心棒みたいに屈強なおじさんを連れて黒塗りのレンジローバーから降りて来たんですよ。まあベスパであちこち走り回っていたあのNaked Chefの時と比べたら相当出世されましたよね。その分かなりお太りになりましたけど(^0^;)

昨日のEvening Standardで彼の事が書かれていたのですが、最近レストランの売り上げも徐々に上がって来たのだとか。巷でも最悪の不況は終わったというニュースも流れているのでそれが本当なら嬉しいなと思います。彼も秋に予定していたFifiteenの2号店の開店を8月に繰り上げるのだそうです。ちなみに2号店の場所ですが、シティーのどこからしいですね。

c0052933_17131768.jpgお散歩も無事終わって今度は私の朝ご飯の番です♪
今朝はシリアルにナッツ&ドライフルーツを入れてみました。ナッツ入りのシリアルというとAlpenが有名ですけどどうも糖分が高そうで嫌なんですよ。
Shredded Wheatだったら塩分も糖分もゼロなのでそちらに豆乳をかけた方が健康的。

c0052933_17173595.jpgこちらはいつもM&Sで購入するドライフルーツ&ナッツの詰め合わせです。色んな種類のナッツやフルーツが入っていて普段のおやつにもお勧めですわよ。
(^_<)~*b

c0052933_13939.jpg訂正があります。
ジェイミーが新たにレストランを出すのはドックランドのカナリーワーフでした。後で記事を読み返したらそう書いてありましたわ。
でもね、カナリーワーフの事をセントラル・ロンドンという書き方をしているんですがそうなんでしょうか。私の認識だとあそこは再開発されたイーストエンドなんじゃないかと。もしあそこまでセントラル・ロンドンが広がったのならロンドンも相当大きくなったんですね(笑)。いずれにしてもあの辺は私達の行動範囲に入らないのでどちらでも良い事なんですけど...。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-09 16:51 | Everyday life
Canela again...
先週までのあの熱波は何だったのかと記憶を疑うほど肌寒くて雨模様のロンドンです(=_=;)

c0052933_545641.jpgお天気が悪くなる前の土曜日、コヴェントガーデンで夫とランチデートしました♪
私は野暮用があったので一足先にニールストリートへ。
Urban Outfittersの向かい側に何故か消防車が停まっていましたが、特に緊急という様子も見受けられませんね。また誤報でしょうか。
そういえば地下鉄に乗る前にいつも通り改札前の掲示版を見たら"Good service"って書いてあったんですよ。以前これを見た時に「有森さんじゃあるまいし自分でも自分を褒めるな!」と思ったんですが、その時ひらめいちゃったんですね。「そっか、ロンドンでは時間通りに電車が走るのは当たり前じゃなくて『偉い事』なんだわ」って。なるほど、だったら"Good service"っていうの当たってるわ(爆)。

c0052933_5575473.jpg用事を無事に済ませてセブンダイヤルを通りかかったら今度は俳優さんのインタビュー中?
このお顔どっかで拝見したことあるような気がするんですが、どこでだったかしら。そのうち思い出したらお教えしますね。

c0052933_614353.jpg週末のコヴェントガーデンは人で一杯。それゆえテーブルをゲットするのも一苦労なのです。
夫との待ち合わせにはちょっと早いんだけどラテをオーダーしてテーブルをキープ。
後で夫に「でかした!」と褒められましたよ〜(^-^)v
あ、ちなみにこの日のランチデートの場所はCanelaです。

c0052933_65643.jpgカネラの前の石畳ったら盛大に掘り返されております。そういえば春先からあちこちで大掛かりな道路工事が行われているんですが、これも失業対策の公共事業の一端なんでしょうかねえ。いずれにしても通り辛いので早く終わって欲しいです。

c0052933_6142462.jpg夫と無事にランデヴーしてランチと相成ったのですが、こちらは私がオーダーしたレモン風味ローストチキン♪
これが出て来た時はあまりの大きさにビックリしましたが、元来お肉大好き人間なのでサラダと一緒にもりもり頂きました。
夫はというといつも通りにサンドイッチ。「何でいつもそんなにつまらないものを頼むのよ」と言うのですが、彼は食べ物は冒険の出来ない典型的なイギリス人なのですよ。
私のチキンの方を羨ましそうに見ているのでちょっとだけお相伴させてあげましたけど。

c0052933_6213171.jpg「ちょいと、足元から熱い視線を感じませんかね」

感じてますけどあえて無視してるんです(笑)。

勿論毛だらけ先生にも味があまりついていなそうな部分を選んでお裾分けしてあげました。とっても美味しかったみたいであっという間に無くなっちゃったのですよ(^0^;)

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-08 05:49 | Food
Swedish Hasbeens...
全然セールとは関係ないんですが、最近靴を3足ほど購入しました(^-^)

c0052933_08631.jpgこの中に入っておりますのよ♪

c0052933_09446.jpgSwedish Hasbeensというスウェーデン製のサンダルです。
日本ではどれ位知名度があるのかとググってみましたが、それほど知られていないブランドのようですね。
実はこれホクストンにある
NO ONEというブティックで買いました。このお店はいかにもショーディッチというムードの素敵なアイテムが沢山あるんですよ。お店の方にも大変親切にしていただきました(^-^)
この靴の素晴らしいところはヒールが9cmにも関わらず履きやすくてこれで1日中歩き回っても大して足が疲れないということ!土踏まずの部分がしっかりサポートされているのでつま先にだけ体重が掛からないせいだと思いますが。

c0052933_0185527.jpgこちらはウェッジソールのHasbeens。ヌーディーな感じで夏にぴったりでしょ。こちらも勿論履き心地良しです。
そういえば土曜日にお出掛けした時は歩くからと思ってフラットを履いて行ったのですが、そちらの方が歩き慣れてなかったせいでヒールを履いている時より疲れました〜(+_+;)
フラットでもハバナみたいにぺたぺたと踵が上がれば良いんですけど、グラディエーターみたいに足と足首が固定されると歩き辛いものですね。

c0052933_0432562.jpgこちらは前記の2足があまりに快適だったのでわざわざスウェーデンから取り寄せてしまったシルバーのヒール♪オーダーしてから3日でUPSデリバリーで届きました。こちらもイエローのも秋口はカラータイツとかと組み合わせて履きたいなあと目論んでおりますのよ。

c0052933_0473172.jpgSwedish Hasbeensの魅力というとやっぱりこのレトロモダンさでしょうか。今時の靴にありがちな木に見えてプラスチックとか革に見えて合皮とかいう嘘くささが無いのが好感が持てます。履いた感じもカポカポしててちょっと日本の下駄っぽいんですよ。ヴォリュームのある底の部分もウッドだからこそ軽いんですね。
ちなみにこのロゴを見た時に連想したのはあの70s Show
それとThe Brady Bunchも!!
あの時代特有の可愛い野暮ったさに癒される感じがします。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-07 00:11 | Shopping