ブログトップ
<   2009年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Never forgetting who dug the well for me...
おとといから風邪で喉が痛くて仕方ない私です。どうやら夫から貰ったらしい...(-_-;)
それがなんとも変な症状で一旦は良くなったのですが、また何の意味もなくぶり返しました。夫の時も全く同じパターンだったんですけど、そういう風邪なんでしょかねえ。

c0052933_2056497.jpgさて今朝郵便をチェックしたらUCLから会報が届いていました。毎回ながら充実した内容できちんと編集されているのに感心させられます。卒業して以来ほとんど足を踏み入れていないキャンパスですが、いろんなイベントもあるようだしたまには参加しても良いなと思ったりして。Alumni会員にはイギリスに限らず世界各地に利用できる特典もあるのだし利用しない手はないですよね。
私達の住むフラットの住人は郵便箱を共有しているのですが、そのおかげでそれぞれの出身校が分かるのですわ。お向かいのスティーブンはケンブリッジで一階上のフィリップはオックスフォードのようです。ちなみに夫の母校のインペリアルカレッジからは何にも来ないけどどうしてなのかな?夫に「お宅のカレッジはこういう会報はないの?」って訊いたら首を傾げていましたけど。でも実はあの人のことだから住所変更の手続きを忘れているんだわ、きっと。
母が常々言っている言葉に『誰が井戸を掘ってくれたか忘れないこと』というのがあるのですが、あの学校が私にいろんな門を開いてくれたという感謝の気持ちを忘れずにいなくては。将来ビジネスで成功したら寄付などして恩返しをさせていただきたいと思います。
(^-^)


c0052933_18282291.jpg追伸: ↑の記事をアップして数日後に届きました、夫の大学の会報(^-^;)
半年に一度発行って書いてあったけど本当にそんなに頻繁に来てたのかな???
ちなみに夫はPhDを取得したので肩書きはDr.なんですけど、そんな風には思えないほどおとぼけなのが彼の魅力の一つ(?)でもあったりして。
そしてそんな彼の口癖は
"Trust me. I'm a doctor"なのですわ。多分彼自身ironyのつもりで言ってるんでしょうね。
だって大体の一般知識に関しては絶対私の方がtrustworthyなのが我が家の常ですから。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-27 21:19 | My thought
C for Charlie...
パリのお客様からオーダーいただいていたジャケットが昨夜やっと完成しました。
実はこの方あの『C』の頭文字で始まるスタジオの第一線でお仕事をされているのです。
今回はその雰囲気で一着作らせていただきました(^-^)

c0052933_3193227.jpg春用なので着丈は短めでシルエットも少しタイトに。
でも袖までタイトにしてしまうと『そのまんま』になってしまいそうだったのでスリーブはパフにしました。
いつもそうなのですが、初めて作るパターンの時はとにかくやり直しが多くてすっかり時間を取ってしまう羽目に。洋裁と違ってとにかく全部編み上げてみたいとちゃんとしたシルエットが分からないので仕方ないことなのですが、お待たせしてしまってごめんなさいです(^-^;)

c0052933_3251798.jpgこのボタンはよくフレンチのデザートに飾られる砂糖細工に似ていませんか?ピスタチオグリーンの色合いもあのラデュレっぽくて美味しそう。お洒落で可愛らしいHさんに素敵に着こなしてもらえそうで作った私もワクワクしますよ〜♩

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-25 03:28 | Knitting
Presenting Kvadrat London showroom...
私のフラットの建物に新しい住人が加わりました♩

c0052933_17422945.jpgKVADRATはデンマークの会社で内装用のファブリックを製作しています。近年オールドストリート周辺にはVitraを始めデザイナーファーニーチャーのショールームが軒を連ねるようになったのですが、我が家の周りにもその波が押し寄せてきたようです。私達がここにフラットを買ってからそろそろ8年近くになりますが、徒歩3分圏内にジェイミーオリバーのレストランやコンテンポラリーアートのギャラリーのVictoria Miroがあったりして元々自分たち好みなエリア。それが更にクリエイティブ系の人口密度が上がるのなら益々好ましいです〜(^-^)

c0052933_18292868.jpgこのショールームの意匠はイギリスの建築家の中でも一番注目を集めているDavid Adjayeなのですが、その彼がグラフィックデザイン界のある意味伝説であるPeter Savileとコラボしたプロジェクトです。
地上レベルから美しいカラーガラスの階段を降りて地下レベルのショールームに到達。これは地下レベルからエントランスに向かって撮影したものです。素材そのものの美しさと機能性を絶妙に融合させた彼の感性に感嘆させていただきました。私は建築出身なので普通の家庭で見られるインテリアデコレーションがどうも苦手なのですね。やっぱりこんな風に野蛮なまでにインダストリアルなインテリアが一番ググ〜っと来ますわ。ちなみにショールームの全貌はこちらのサイトで更に詳しく見ることが出来ます。こんな風にプレステージのあるテナントが入るというのは建物全体にとっても付加価値が上がるのでありがたいこと。でも工事中は我が家の地下駐車場は埃まみれで大変だったのですけどね(^-^;)

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-24 18:04 | Art & Design
Bridging the world from...
今日は歯医者さんでクラウンを入れてもらう日でした。
本当はもっと早く出来ていたんだけど私の都合で延期していただいていたのです。
2時の予約だったのでその前にお店に納品に行ってその後は治療前の腹ごしらえにジョンルイスのカフェへ。だって麻酔を打った後って当分の間口の感覚が麻痺して何も食べられないでしょ。ちなみに今日食したのもブラックフォレストガトー。ここのケーキではこれが一番好きです(^-^)

c0052933_541630.jpg今日のお伴はロンドンの夕刊イヴニングスタンダード。エディトリアルのスタイルがあまり好きな新聞ではないのですが、雑誌を買うよりは安いしねと買ってみました。そう言えばスタンダードを最後に買った時は35pだったけど今は50pなのね。そんなに久しぶりだったのかとちょっとビックリ(^0^;)


c0052933_5565055.jpg無事にクラウンを入れてもらってボビーに「また6ヶ月後にね〜」とお別れしてHarley Stを後にしました(^-^)
Cavendish Squareは車の通りが激しくてあまり好きではないので脇道で Portland Placeへ。
ポートランドプレイスというとあのBBCがありますよね。こちらの建物の方が雰囲気があって素敵なのですが、実際にこの中に入っているのはラジオ局だけ。テレビ局はロンドン西部のWhite Cityにあります。BBCのラジオの中で一番有名なのと言ったらワールドサービスでしょう。『世界で一番当てになる情報源』として世界中から絶大な信頼があります。

c0052933_6302592.jpg丁度通りかかったらニュースの収録らしき光景に遭遇。で、レポーターは誰かと思ったらあのDragon's Denのプリゼンター、Evan Davisじゃないの。そう言えばこの人Radio4のプリゼンターもやっているからその関連のニュースなのかな?今夜のNews at Tenでチェックしなくちゃだわ〜♪

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-21 06:03 | News & Media
Night owl...
春眠暁を憶えずという言葉がありますが、最近の私はどうもその反対です。
と言ってもただ寝付けないのではないのですね。

c0052933_19554590.jpg先日野暮用でウエストエンドに行ったのですが、オックスフォードストリートのBordersで読みたかった本も見つけてかなり良い気分♪
ちょっと疲れたのでジョンルイスのカフェでケーキ&コーヒーをすることにしました。私は味覚が完全にイギリス化しているので甘みに関してはこちらのケーキ位のインパクトが無いと食べた気がしません。日本のケーキってどうも甘みが頼りなくて私には物足りないのですよ〜(^-^;)
さて最近の睡眠不足の原因は読んでいる本のジャンルに関係しているようです。私が最近ハマっているのはノンフィクションのスリラー&サスペンス物なのですね。この日買ったKilling Pabloはコロンビアの麻薬王だったパブロ・エスコバーが米軍によって暗殺されるまでの実話で日本でも早川書房から翻訳版が出てるみたいです。
先日のニュースで現在メキシコではドラッグ戦争が激化していると知ってこの本を読んでみたくなりました。こういう類いのことを知りたいと思い出したのはインドに行ってからなのですよ。自分がいかに世の中のことを知らないかと思い知らされて以来です。まあ読んでいて『ほっこり幸せ系』の本ではないけれど、未知の世界のことを知って目から鱗ですね。日本は今麻薬関係がどうなのかしりませんが、イギリスではドラッグは深刻な問題。街で起こっている窃盗や万引きとかもジャンキーがドラッグマネー欲しさにやっていることが多いのだそうです。私のブロンプトンもその手の奴らに盗られたのだわ、きっと(=_=;)
話は私の寝不足に戻るのですが、本が面白過ぎてついつい夜更かししてしまうのが原因なのです。夫も私も読書好きなのですが、本を読むペースは私の方が断然速かったりして。これも大学時代に鍛えた速読の術のおかげでしょうかねえ。読む本が無くなるのが私にとっては一番の恐怖かも...。これも子供の頃から本を読む習慣をきちんとつけてくれた母のおかげです(^-^)

追伸:先程もしやと思ってググってみたらこのストーリーの映画化が製作中だそう!そして主演はChristian Baleだなんて素敵過ぎます。Rescue Dawnが適役だったからでしょうかねえ。う〜ん待ちきれない〜(^-^)
[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-19 20:13 | Books
Feeling a touch of spring...
今日はとっても暖かくて春らしい一日でしたね(^-^)

c0052933_355196.jpgこんな日は家に居るのは勿体ないと久しぶりにスピタル方面にお出掛けすることに。
マーケットの入り口でまずは遅い朝ご飯。

「ダディは一体どこに消えたですかね」

c0052933_3565643.jpg毛だらけ先生の熱い視線を感じながら頂いたのはチョリゾ&モッツラレラのフォカッチャホットサンド。ちょっとスパイシーで美味しかったですよ。毛だらけ先生は何にも付いていないパンの部分をパクついていらっしゃいましたわ。

「パン大好き星人ビニーですからね」

c0052933_41454.jpgお目当てのチェシャーストリートを目指してスピタル&ブリックレーン周辺をブラブラ。お天気が良いせいか凄い人出!アーミーサープラス物とかを探すけどこれといった物が見つからずちょっとガッカリ。

c0052933_43193.jpgこの辺に来たらRough Tradeに寄り道はマストでしょう。
今はCDが主流だけど昔のレコードのジャケットって壁にかけても様になったし断然格好良かったのになあ。グラフィックデザイナーもレコジャの方がデザインしがいがあったでしょうに。

c0052933_484467.jpg「何だかやたらとうるさいところですね」

夫が付随のカフェでラテを購入。今日2度目のカフェイン休憩ですわ。

c0052933_410295.jpgさてObserverにでも目を通しますかね。このアメリカのTVプレゼンターとCNBCのファイナンス・アナリストの一騎打ち面白いですよね。けちょけちょに言ってるのが聞いていて最高ですよ。イギリスや日本でもあれ位ガンガン言ってやれば良いのに。政治家はどいつも口では勇ましい事を言いながらシティの大馬鹿野郎共に手を出さないのが腹立たしくて仕方ないですよ。銀行って普段も人のふんどしで相撲取ってるくせにその上今度は泥棒ですからね。益々嫌いになったわ。

c0052933_4191382.jpg夫と一時シティの大馬鹿共の悪口を言って憂さを晴らした後はチェシャーストリートのShelfへゴーですよ♪
素敵な物を見て嫌なことを忘れましょう(^-^)

c0052933_4232734.jpgチェシャーストリートから西はガラクタ市が広がります。何かドッジーなストールが軒を連ねていて『匂いの無いムンバイのストリートマーケット』っぽいですね。古着の他に洗剤とか乾電池、果てはビタミン剤まで売っているんだけど何となくバッタもん臭くて恐ろしい。買う人の気が知れない感じ。

c0052933_4304713.jpg3時半を回ったのでパティセリーバレリーで午後のお茶タイムですわ。
毛だらけ先生ったら足元で座っているのが嫌なご様子でちゃっかり私のお膝に乗っかっております。その先生のガン見目線の先は...?

「お目目が吸い付いちゃって離れないんですよぉぉ〜」

c0052933_4341653.jpgエクレアとラテ(笑)。
食べたくて地団駄踏みながら私とエクレアを交互に見てアピールするのですよ。
ちょっとエクレアはね、あげられないわ。
代わりに夫が頼んだスコーンの欠片をご賞味頂きましたよ。

「ダディったらミーンであんまりくれなかったですよ。。。」

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-16 04:03 | Everyday life
Simplifying my life...
土曜日は向いのニュースエージェントで定期購読している雑誌と新聞を買ってゆっくりと角のキャフでブランチするのがお約束。

c0052933_30573.jpg今日はUK.VogueとVogue日本を読みました。いつも思うのですが、UK版って本当につまらないですね。各国のVogueの中で一番面白くない部類に入るかも。それと比べると日本版は毎回レベルが高くて面白いです。UKのを定期購読するべきかと考えたこともあったけどあの雑誌は立ち読みで十分だわ。

c0052933_373944.jpgファッションページに触発されて午後は自分のワードローブを見直すことに。仕舞い込んでいた洋服類も全部取り出してエディットしてみました。この際だから潔く『大好きカテゴリー』から外れた洋服達は全てチャリティーに持って行く事に。ブランド品はeBayとかで売ろうかと一瞬考えたのですが、過去に何度か悪質なバイヤーに嫌な思いをさせられたので止めました。
はした金のために不愉快な思いをするくらいならチャリティーに差し上げた方がよっぽど気持ち良いですもんね(^-^)
結局大きなゴミ袋2個分いらない洋服が出ました。夫には「よくまあ無駄遣いしたね」と皮肉を言われちゃいましたけど、はち切れんばかりになっていたワードローブがすっきりして使いやすくなりましたよ。これからは自分の大好きな物にだけ囲まれて暮らしていくように心がけなくっちゃと思いましたわ。その方が毎日がシンプルで楽ですよね
(^0^)

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-15 03:17 | Everyday life
Bring back the memories...
先日は夫の野暮用でトッツナムコートロード近辺へ。

c0052933_4183630.jpgこのお店は油絵用具専門店のコーネリソン&
サン
です。大英博物館から歩いて3分位かな。

c0052933_422413.jpgドアを開けるとプ〜ンと画材屋特有の匂い。
チューブ入りの既製品の絵の具の他にカスタムメイドのためにオイルと色素も売られています。
私もバートレット時代には課題の材料を買いによくこちらに通いました。
そう言えばウォレンストリートのティランティにもよくお世話になったっけ。懐かしいな〜。
元々大英博物館から私の母校のUCL周辺はBloomsburyといって文化人が多いエリアですからこういう美術系の専門店が多いのでしょうね。近所にセントマーティンスレードもあるしね。

c0052933_4392310.jpgこういう専門店となるとちょっと『一見さんお断り』っぽい雰囲気で最初はなかなか自分の買いたい材料が説明出来なかった思い出があります。お店の店員も多分アーティスト出身なのかあまりお客の扱い方が上手くなかったりして(^-^;)
自分の思っていた物とは違う物を買ってしまったりしても、そのおかげで思いがけない新しい素材と巡り会うことが出来たりもして結果的にはプラスだったことも多々ありましたけどね。
アクリル用材にグラファイト何かの色素を混ぜ込んで3Dな図面を作ったりしましたよ(笑)。

c0052933_443773.jpgカウンターの後ろ側の引き出しには手書きで番号が書いてあるのですよ。一体この引き出しには何が入っているんだろうっていつも不思議なんですよね。でも何故か気軽に訊けない雰囲気が漂っているのがまたこのお店の『味』なのかなって思ったりもしますね(^-^)

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-14 04:35 | Art & Design
Generation Kill...
最近読んだ本の中でダントツに面白かった本があります。

c0052933_20532819.jpgそれはこちらのジェネレーションキル。挑発的なタイトルに興味を引かれてつい手に取ってしまった本です。
著者はRolling Stone誌の記者Evan Wrightで、彼が2003年のイラク侵攻の最初の40日間を海兵隊の第一偵察部隊と共に過ごした体験が詳細に綴られているのですが現代の戦争というものをあまり知らなかった私には勉強になりました。読み終えた感想はというと、マスメディアを通じてペンタゴンの上層部が私達に伝えていたことと戦場で実際にいる兵士達の体験がこれほど差があったとはと呆れると共に21世紀の戦場のありようの凄まじさに改めて圧倒されました。本の中に登場する海兵隊の面々も様々な個々のバックグラウンド&ヒストリーがありながらも基本的に誠実で善良なアメリカの若者でしたよ。勿論中には「こんな人に銃を持たせてしまって良いの?」と思うような人もいたんですけどね。美化されていない戦争記を読んでみたい方にはお勧めの一冊です。
ちなみにアメリカでは去年の夏にこの本をベースにしたHBOのシリーズが放映されたんですよね。イギリスではあのThe WireもやったのだからこのGeneration Killもやってくれるといいのになあ。

追伸:もしかしてとググってみたらこの記事でChannel 4が放映権を獲得したんだそう。やった〜♪でも放映は今年後半だそうです(=_=;)別に翻訳しなくちゃいけないわけじゃないのに何でそんなに待たせるのよ。もし待ちきれなかったらDVD買って見ちゃうかも。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-12 21:29 | Books
Life saver...
最近のロンドンは日によって気温がコロコロ変わるお天気が続いています。
これも春が近づいて来ているからですよね。こんな季節はパシュミナのストールぐるぐる巻きが大活躍(^_<)b

c0052933_19164296.jpg毛だらけ先生もマフラーを巻いてお出掛け。と、言いたいところなのですが、これはトランプロイ(騙し絵)なのですわ。

「絵で描いてあるだけだなんてあんまりでしょ」

久しぶりのお出掛けで大ハッスルしているあなたには本物のマフラーはお邪魔なだけでしょ。

c0052933_19215633.jpgパークレーンから横道に入ってセルフリッジズまで近道。私にとってセルフリッジズのあるオックスフォードストリートはいつも混雑していて大嫌いな通りなのですよ。だからいつも極力避けるようにしているのです。
街角を一旦曲がると今までの喧噪が嘘のように静まるロンドンの街並。瀟洒な赤煉瓦の建物が並んでいる風景を見るといつもロンドンに住んでいる幸せを感じます(^-^)

c0052933_19301789.jpgで、突き当たりを右折すると前方にセルフリッジズが♪
人通りの少ない通りで毛だらけ先生ものびのびとお散歩できたよね。

c0052933_19323037.jpgこちらがこの日の戦利品の一部、iPod touch用のバッテリーです。いつもミュージックの他にビデオとかも見てたりして相当ヘビーユーザーな私には内蔵バッテリーだけでは足りない気がして。長距離フライト等に備えて2種類買いました。

c0052933_1936535.jpg充電はUSBの端末に繋ぐか又は附属のアダプターをコンセントに繋いで行ないます。結構短時間で充電完了。

c0052933_19384211.jpg普段使いには小さい方のバッテリーを。丁度エルメスの小袋があったのでそれに入れて携帯します。いや〜iPod Touch無しのお出掛けなんて考えられなかったけどこのライフセーバーのおかげで安心して楽しめますわ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-11 19:48 | Shopping