ブログトップ
<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Long vacation...
長らくブログを放置しておりまして失礼いたしました(汗)。

c0052933_23465431.jpg

ブルターニュから昨夜真夜中に無事に戻ってきました♡
5日間で800マイル(1280km)走破してきました。
疲れたけどとっても楽しかったです(^-^)v
明日母が日本に戻りますので、またボチボチ旅行記アップしますね。
[PR]
by lovecarrie1 | 2006-09-30 23:51 | Travel
Date with Rock Chicks...
Cちゃんは昨日無事にロンドンに到着いたしました。まだお疲れなようで今日は寝坊したいそうなのでその間に私もブログの更新をしております♡

c0052933_18275658.jpgちょっと話が遡るのですが、私が例の件でヨークシャーに行く直前に日本から知人がロンドンにいらしておりました。

c0052933_1833184.jpgスケッチでお茶したのですが、ここのケーキに勝るとも劣らない美味しいお土産を山のように頂きまして感謝感激でした(^-^)v

c0052933_18354356.jpgスケッチでは奥のバーエリアのトイレに行ってみました。何だかSF映画の“2001年宇宙の旅”の中に出てきそうな風景ですよね(笑)。

c0052933_18415453.jpgビニーも何だかSFチックになっていない?

「なんだかあやしい空間ですね」

c0052933_1843770.jpgディナーはギリシャ料理♡お店の中が暗かったので写真がイマイチなのですが、実はなかなか雰囲気が良いところでした。奥に長〜いお店でテーブル数も多そう。

c0052933_184774.jpg私はラムのケバブをチョイス。お肉が柔らかくて美味しかったですよ♡ここでも日本の話やイギリスの話諸々で盛り上がりました。

[PR]
by lovecarrie1 | 2006-09-11 18:49 | Everyday life
Let's see the damage (for the credit card)...
さてさて明日はCちゃんが来る日です。お部屋を準備したり諸々をやっております。
で、先火曜日のエセックスお買物遠征の戦利品も夫に手伝ってもらってやっとこさ駐車場から持ってきました♡

c0052933_23283856.jpgこれがILVAでのお買物。中に何が入っていたかと言うと...

c0052933_23304010.jpgこの品々でございました(笑)。
コレだけ買っても£180ちょいって安いわ〜(^-^)v

c0052933_23324681.jpgこちらはIKEAでの戦利品♪
袋の方は例のブル−のビニールの3袋満杯でございました。でもクチャクチャであまりにみっともなかったので写真はなし(笑)。
コレだけ買っても£100ちょい出る位って物価高のロンドンでは素晴らし過ぎ♡

c0052933_23373781.jpg早速例のトロリーに入れてみました。もしかして買い込み過ぎて収まらないかと心配しましたがぴったり収納されちゃいました。う〜ん、感無量だわ(T^T)
お皿類を整頓するのはIKEAで見つけたのですが、コレがなかなか優れもの。後にしまい込んだ食器類も簡単に出し入れ出来ます。さすがスカンジナビア、生活用品のアイデアも充実してますね。
今まではボーンチャイナとはいえ真っ白い食器ばかりでちょっとボアリングだったけど、これからは“彩り豊か”な食卓になりそうで楽しみです〜♡

c0052933_23433369.jpgCちゃんのお部屋の方も何とか準備完了。彼女にとっては久々の長期休暇なのでゆっくり休んでもらえると良いな♡

実は1週間後には母も合流するので何だかとってもバタバタしそうなビニー家なものですから、もしかしたらブログの方をお休みしがちになってしまうかもしれません。のんびり気長に覗いて見ていただけたら幸いです♡
[PR]
by lovecarrie1 | 2006-09-09 23:50 | Shopping
Out and about (again)...
ロンドンは9月に入ってからいきなり夏ような陽気が続いています♡まるで8月中の夏らしからぬお天気が嘘のよう。神様が「コレで夏を終わらせてはあまりに可哀想」と思ってくれたのかな(笑)。

c0052933_3214567.jpgこんな日は家にこもっていたら勿体ないとばかりにノッティングヒルへGO! ランチは勿論いつものここで。
相変わらず「この人絶対どっかの番組で見た!」ことある人達がチラホラいて場所柄ですかねえ(笑)。あのカリスマシェフのこの方も奥様と一緒にご来店♪

c0052933_3275245.jpg私が頂いたのはフィッシュケーキにポーチドエッグとほうれん草のソテーが添えられたもの♡以前私もフィッシュケーキを作ったことがありましたが、その時はマッシュポテトがユル過ぎたのか具が入り過ぎたのか焼いているそばからぼろぼろと崩れてきて大変だったことを思い出しましたわ(爆)。
それにしてもこのレストランはほとんど外れがなくて本当に安心して来れます♡

c0052933_3451132.jpgテーブルの下に潜む小動物発見(笑)。おやおや毛だらけ大先生ではございませんか。

「お目目がギロリンしちゃってるですよ」

c0052933_4432093.jpgaiméで出会ってしまった運命のトップ←大袈裟。こういう雰囲気のを長年探していたのですよ。本当ならヴィンテージで見つけたかったけど、アンティークのってバストが大きいわりにはウエストが信じられないくらい小さいし、ナイトドレスだと裾を切らなくちゃいけないのが面倒で。
ちなみにこれはイザベル・マランの物。フワフワでフォークロアなんだけどちょっとロックな感じもして素敵。マニッシュなジャケットの下に着たい一枚です♡
[PR]
by lovecarrie1 | 2006-09-09 04:58 | Everyday life
Dumplings for life...
c0052933_19303124.jpg本日のビニー。
と言うのは嘘でこちらは地下鉄で遭遇したグレートデーンのグレースちゃんです(笑)。ちょっとお目目がフラッシュに反応してしまって恐いんですが、実はとっても大人しくて良い子でした。ビニーはちょっと反応しちゃって小声でワホワホしましたが、レースちゃんからの反応は無し(爆)。
「私はワンコしか相手にしないのよ」←グレース嬢談。

c0052933_19351276.jpg先週は座っている時間がかなりあったので指編みの方が大分進みました。前身頃左右と後身頃左が完成して後身頃右ももうちょっとというところで毛糸が無くなりそうになったのでLibertyまで買いにきたのですが、何と肝心のRowanのChunky Printが廃番になったと言われて大ショック!!幸い二本取りで編んでいたのでBiggy Printを一本取りしても行けそうだったから良かったですけど。

c0052933_19424436.jpg「危機一髪でしたね」

本当にママは一瞬目の前が真っ暗になっちゃったわよ〜(笑)。
スタッフ曰くRowanはドンドン新しい毛糸のモデルを出してくる代わりに廃盤にする物も多いんだそうです。こういう太目のは指編みに向いているのにもう買えないだなんて何とも残念ですわ(涙)。でも夏のセールの時にありったけ買っておいて良かった♡

c0052933_1948742.jpgさてさてお待ちかねの飲茶♡
う〜ん、美味しい。生きてて良かったと思いました。私は絶対拒食症にはならないな(笑)。

c0052933_19524036.jpg結局皆でお腹がパンパンになるほど食べてその後はお腹ごなしにセルフリッッジへ。この方ご夫婦に遭遇。普段のTVではスーツ姿しか見てないんだけど、カジュアルだと実はかなり恰幅が良いのねということを発見しました。やっぱりスーツって“男の矯正下着”なんだって納得(笑)。やっぱり時代劇のスターが着物だと決まっているけど洋服だとかなり太っているのと同じなんですよね。ちなみに奥様の方もあまりメジャーでない番組に出ていらっしゃったりしますけど、こちらもかなり大柄でその上ファッションがかなりエキセントリック。一応芸能人夫婦だけど全くそんな素振りもなくて高感度大なお二人でした♡

[PR]
by lovecarrie1 | 2006-09-06 20:03 | Food
Survival instinct...
ヨークシャー滞在中にいろいろ思うことあってロンドンに戻ったらどうしても買おうと決めていた物があったんですね。だから日曜日に早速夫とお出掛けしました♡

c0052933_19542075.jpg目指したのはここ(^-^)v

この日のロンドンはこちらで言う“インディアン・サマー”がピッタリな上天気。暖かくって少しだけ夏が戻ってきてくれたような感じでした。

c0052933_2035895.jpgお目当ての物をしっかり買ってもらって帰り道はPLANET ORGANICで夕食の食材や玄米等をお買物。外のテーブルでお茶等もしました。
気持ちのいい風を吹かれながらロンドンに戻ってきた喜びで幸せな私(笑)。

c0052933_2091896.jpg毛だらけ大先生はテーブルの上の物が気になってお鼻をヒクヒクさせておられます。テーブルに乗っているのはラテだけですよ(笑)。

c0052933_20103010.jpgさて私が買った代物はこれ♪ステンレスの収納付き作業台です。私のキッチンはオープン形式ゆえに食器等を入れる収納が非常に限られているのですね。あらたに食器棚を置く場所も無いし何か良い方法は無いかと頭を悩ませていたのです。ヨークシャーに向かう前に何となくいつも通りネットで検索していたら何とHABITATのサイトでうちのインテリアにぴったりのこの収納トロリーを発見して是非欲しいなと思いました。それにしても我が家のインテリアはひたすらロフト・インダストリアル風でこういうステンレスとかがピッタリなんですが、普通の家庭のキッチンってこういうのいる人がいるんでしょうかねえ(笑)。トロリーの大きさは高さは90cm幅60cm奥行き52.5cmです。私のキッチンのワークトップと同じ高さなので可動式の作業台としても活躍してくれそうです♡

c0052933_20162582.jpg私がこのトロリーを「買おう!絶対買わなくちゃ!!」と思ったのには訳があるのです。
実は今闘病中のお義母さんは摂食障害があって拒食症らしい状態がもう10年位続いているのです。私が彼女と知り合ってからもたびたび夫やお義父さんに「何だか彼女の食事の仕方は普通じゃないわよ」と提言し続けていたのですが、男性達にはそういうことってピンと来なかったのか結局今の今まで何もそれに対して何も対策が取られる事無く来てしまったのですね。昨日の電話でお義父さんが初めて「君の言う通りだったかもしれない」と言い出して。
ホスピスでもかたくなに食べ物を拒絶し続けるので周りの人も半分お手上げ状態だったのですね。「良くなったら食べるから」の一点張りなのですが、食べないと良くならないのに...。

c0052933_2024340.jpgヨークシャーでは私が食事を担当していたのですが、初めて主婦として彼女のキッチンに立って愕然としたのはキッチンのほとんど全ての物(調味料、瓶詰め、缶詰等)が賞味期限をとっくに過ぎていたこと!一番古い物で1986年等という代物まで棚の奥から出てきて本当にビックリしました。夫に手伝ってもらってゴミを出しましたが、スーパーの買い物袋で15袋強ありました。お義父さんもキッチンはお義母さんのテリトリーとしてあまり干渉されていなかったのかもしれませんけど(>_<)そう思い直してキッチンを見回すとお鍋やフライパン、調理器具もいつから使われなくなっていたんだろうと思わせるように錆び錆び。包丁も刃がガタガタだし、レシピ本も埃が被っていて何だかお義母さんがお料理に興味を失ったのは最近のことではないんだなという私の印象が裏付けられたような気がしました。お皿も何年も同じ物を使い続けているようで柄がすっかりディッシュ・ウォッシャーのせいで薄れてしまっているし、カトラリーの持ち手の部分すら高原で立ち枯れしている白樺のように風化しつつあるのを見て「こうなっちゃいけない!こんな風になりたくない!!」って思っちゃったのですね。“食べること”ってただ生きていくために何となくじゃなくて“食べることは生きている楽しみ”にしなくっちゃ駄目なんだって心の底から思いました。ただ何となく食べるっていうのは可能なんだけど体に良い物を「美味しいね♡ありがたいね♡」って毎日食べて生きたいなと。食べ物ばかりじゃなくて食器とかにも気を使って目で愛でて舌で味わって一瞬一瞬を生きている感動で彩りながら生きていきたいと私の中の“生存本能”が言っているような気がするんですよ。夫も自分の母親の状態を見て初めて私が常々マントラのように唱えている『心を満たす食事』って言う意味に納得したようで、このトロリー、それとこの中一杯の食器を買ってくれることになりました。さてどんな食器を買おうかなと今からワクワクしてるのですよ♡

[PR]
by lovecarrie1 | 2006-09-05 20:03 | Shopping
Home, sweet home...
c0052933_16433768.jpgロンドンに戻りました♡
ヨークシャーでは怒濤のような一週間でした。覚悟して行ったものの夫にとっても私にとってもかなりキツい時間でありました。
お義母さんは私達が滞在中にも何度かベッドから落ちたりして大変だったので、24時間のケアをオーガナイズするために一時的にホスピスに入院中です。それにしても癌という病気はモルヒネのような痛み止めを多用するためなのか、患者の意識が混乱して大変な病気なのだなと改めて思い出させられました。頭がはっきりしていた方が良いのか、痛みが無い方が良いのか...。
私達が到着したばかりの時は普段は温和なお義父さんが看病の緊張と心配で焦燥しきっていたのですが、私達が行ってからは食事と睡眠を十分に取ってもらったので現在は見違えるほど元気になられました。やっぱりよく食べてよく寝るというのは健康の要ですよね。私の拙い手料理を喜んで食べて下さいました。
今回の体験で一番私の心に残ったのは一生懸命私達のことを気遣う夫の姿でした。こういう家族の“危機”の時にこそまたその“絆”ようなものが試されているのかなと感じて甲斐甲斐しく動く夫を見て頼もしく愛おしく思えました。
取りあえずケア・プランの方も目処がついたのでロンドンに戻りましたが、久しぶりに自分のベッドに寝られるかと思ったらドッとそれまで緊張が解けて二人とも口がきけないほどくたびれていたことに気が付きました(笑)。
まだまだ始まったばかりなのですけど、これからも夫と二人三脚で頑張らなくっちゃ!

[PR]
by lovecarrie1 | 2006-09-04 17:14 | Everyday life