ブログトップ
カテゴリ:Everyday life( 197 )
Feeling a touch of spring...
今日はとっても暖かくて春らしい一日でしたね(^-^)

c0052933_355196.jpgこんな日は家に居るのは勿体ないと久しぶりにスピタル方面にお出掛けすることに。
マーケットの入り口でまずは遅い朝ご飯。

「ダディは一体どこに消えたですかね」

c0052933_3565643.jpg毛だらけ先生の熱い視線を感じながら頂いたのはチョリゾ&モッツラレラのフォカッチャホットサンド。ちょっとスパイシーで美味しかったですよ。毛だらけ先生は何にも付いていないパンの部分をパクついていらっしゃいましたわ。

「パン大好き星人ビニーですからね」

c0052933_41454.jpgお目当てのチェシャーストリートを目指してスピタル&ブリックレーン周辺をブラブラ。お天気が良いせいか凄い人出!アーミーサープラス物とかを探すけどこれといった物が見つからずちょっとガッカリ。

c0052933_43193.jpgこの辺に来たらRough Tradeに寄り道はマストでしょう。
今はCDが主流だけど昔のレコードのジャケットって壁にかけても様になったし断然格好良かったのになあ。グラフィックデザイナーもレコジャの方がデザインしがいがあったでしょうに。

c0052933_484467.jpg「何だかやたらとうるさいところですね」

夫が付随のカフェでラテを購入。今日2度目のカフェイン休憩ですわ。

c0052933_410295.jpgさてObserverにでも目を通しますかね。このアメリカのTVプレゼンターとCNBCのファイナンス・アナリストの一騎打ち面白いですよね。けちょけちょに言ってるのが聞いていて最高ですよ。イギリスや日本でもあれ位ガンガン言ってやれば良いのに。政治家はどいつも口では勇ましい事を言いながらシティの大馬鹿野郎共に手を出さないのが腹立たしくて仕方ないですよ。銀行って普段も人のふんどしで相撲取ってるくせにその上今度は泥棒ですからね。益々嫌いになったわ。

c0052933_4191382.jpg夫と一時シティの大馬鹿共の悪口を言って憂さを晴らした後はチェシャーストリートのShelfへゴーですよ♪
素敵な物を見て嫌なことを忘れましょう(^-^)

c0052933_4232734.jpgチェシャーストリートから西はガラクタ市が広がります。何かドッジーなストールが軒を連ねていて『匂いの無いムンバイのストリートマーケット』っぽいですね。古着の他に洗剤とか乾電池、果てはビタミン剤まで売っているんだけど何となくバッタもん臭くて恐ろしい。買う人の気が知れない感じ。

c0052933_4304713.jpg3時半を回ったのでパティセリーバレリーで午後のお茶タイムですわ。
毛だらけ先生ったら足元で座っているのが嫌なご様子でちゃっかり私のお膝に乗っかっております。その先生のガン見目線の先は...?

「お目目が吸い付いちゃって離れないんですよぉぉ〜」

c0052933_4341653.jpgエクレアとラテ(笑)。
食べたくて地団駄踏みながら私とエクレアを交互に見てアピールするのですよ。
ちょっとエクレアはね、あげられないわ。
代わりに夫が頼んだスコーンの欠片をご賞味頂きましたよ。

「ダディったらミーンであんまりくれなかったですよ。。。」

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-16 04:03 | Everyday life
Simplifying my life...
土曜日は向いのニュースエージェントで定期購読している雑誌と新聞を買ってゆっくりと角のキャフでブランチするのがお約束。

c0052933_30573.jpg今日はUK.VogueとVogue日本を読みました。いつも思うのですが、UK版って本当につまらないですね。各国のVogueの中で一番面白くない部類に入るかも。それと比べると日本版は毎回レベルが高くて面白いです。UKのを定期購読するべきかと考えたこともあったけどあの雑誌は立ち読みで十分だわ。

c0052933_373944.jpgファッションページに触発されて午後は自分のワードローブを見直すことに。仕舞い込んでいた洋服類も全部取り出してエディットしてみました。この際だから潔く『大好きカテゴリー』から外れた洋服達は全てチャリティーに持って行く事に。ブランド品はeBayとかで売ろうかと一瞬考えたのですが、過去に何度か悪質なバイヤーに嫌な思いをさせられたので止めました。
はした金のために不愉快な思いをするくらいならチャリティーに差し上げた方がよっぽど気持ち良いですもんね(^-^)
結局大きなゴミ袋2個分いらない洋服が出ました。夫には「よくまあ無駄遣いしたね」と皮肉を言われちゃいましたけど、はち切れんばかりになっていたワードローブがすっきりして使いやすくなりましたよ。これからは自分の大好きな物にだけ囲まれて暮らしていくように心がけなくっちゃと思いましたわ。その方が毎日がシンプルで楽ですよね
(^0^)

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-03-15 03:17 | Everyday life
My happy valentine saturday...
今年はバレンタインデーが土曜日でしたね(^-^)

c0052933_6435136.jpg土曜日にブランチと言ったら絶対に近所のキャフに決まっております。向いのニュースエージェントから新聞やら雑誌を買い込んで窓際のテーブルに落ち着くビニー家。
ちなみにこのヴォーグニッポンはニュースエージェントのおじさんが私のために毎月オーダーしてくれます。そのお隣のクリーニング屋も同じ家族が経営しているのですが、ヴォーグが届くと「雑誌来てるよ」って教えてくれるのですよ。
ロンドンの街中ですが近所のお店とは7年来の顔なじみ。それぞれ一癖ある面々なのですが仲良くなるととことん親切にしてくれる素敵なご近所さん達なんですわ。

c0052933_74569.jpgビニー家のバレンタインボーイの一人の毛だらけ先生。私のパシュミナを巻き付けられてちょっと迷惑そう?暖かくて良いでしょ。

「ラジエーターのお隣なのにいらんですよ」

c0052933_7263699.jpgこちらも土曜日定番のチーズオムレツ&サラダ。必ずおまけでフライドポテトを何個か乗っけてくれるのですよ。夫はいつも必ずジャケットポテトにチーズ&ビーンズ。このチーズオムレツにブラウンソースをかけるのは以前勤めていた建築事務所の同僚に教えてもらって以来。病み付きな味です。

c0052933_733478.jpgブランチから戻って恒例のカードの交換。夫は左側の赤いハートのカードをくれました。私からはこの白黒のを。バレンタインのカードって何かいかにもコテコテなのばかりで実は私苦手なのですよ。夫にはビジュアル的に面白いカードの方が喜ばれるかもと思いこちらにしました。

c0052933_18305751.jpg夕方5時半頃今年のバレンタインデーもつつがなく終わったわと思っていたら、ドアベルが鳴りました。で、届いたのがこの薔薇の花束♪
これで彼が何だか一日そわそわしていた意味が分かりましたわ。「届かないんじゃないかと思って心配しちゃったよ」って。まあ無事に来たから良かったけど3年前は配達をすっぽかされたこともあったしね。いつもきっちり愛情表現してくれる夫には大感謝なのですが本音を言わせてもらうと私は『花より団子』なので来年からはチョコレートにしてもらいたいんだけどなあ。それと生花って私実は苦手。アレルギー体質なのでどうも駄目なんですわ。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-02-16 07:02 | Everyday life
Always room for one more...
今日はネイルをしにウエストエンドへ♪

c0052933_7514237.jpgカルジェルは時間が掛かるので腹ごしらえをしていかないといけません。で、John Lewisのカフェテリアへ。ここは他が結構混んでいてもだいたいテーブルがあってランチタイムは穴場なのですよ。今日はパルマハムとアーティーチョークのサラダにしてみました。日本で外食した時にちょっと不便に思ったのはサラダやスープを主菜に出来ないということでした。特にランチは炭水化物中心のメニューばかりで何か軽く食べたい時にはあまり選択肢がないのですよね。その点欧米はサラダがヴォリュームがあるので生野菜好きな私には本当に助かるんです(^-^)

c0052933_7583268.jpg私がネイルをやっていただいている間、毛だらけ先生は私の横のテーブルの上で大人しくされております。ご自分のお手手を舐めたり横になって寛いだりして時間を潰されておりますが、むっくり起き上がってガン見されている時もあります。その視線の先には...

c0052933_811840.jpg日本のバラエティー番組のDVD!
このサロンは日系なのでサービスで日本の番組を流していてくれるのですよ。日本の芸能界に疎い私でも年末の里帰りのおかげで『あらし』←っていう人ですか?それともグループ?の茶髪のお兄さんの事は識別する事が出来ました。

「ママったらこんな番組見てたんですかね」

そうよ〜。こんなのばっかりだったのよ〜(=_=;)

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-01-28 08:05 | Everyday life
Little gem of East End...
私が日本に行っている間夫に頼んでいた事がありました。
それは週に一度車を15分ほど走らせるというもの。何故かと言うとマイカーはアラームが付いておりまして長い間エンジンを掛けていないとバッテリーが上がってしまうのです。私が想像していた通り夫ったら車の事を放ったらかしていたので車のバッテリーはすっからかん。で、朝も早よからAAのお世話になりました。サービスマンがエンジンを再起動してくれたのですが、20分ほど回し続けた方が良いというので久しぶりにBroadway Marketに行ってみる事にしました。

c0052933_23483978.jpg今朝のお天気は曇りと晴天の中間。薄雲が広がる典型的なロンドンの空模様です。いかにも曖昧なのが何ともイギリスらしいのですが、長い事ここに住んでいるとこの空の方が日本の突き抜けるようにドピーカンな冬の晴天より心地よく感じてしまうのですよ。
あの日本の雲一つ無い晴天って長い間見ていると頭痛くなって来たりしませんか?どうも眩し過ぎるような気がして(^-^;)

c0052933_2354301.jpgまずはコーヒー。朝からあれこれバタバタありましたからね。
ランチタイムには人がぎっしりになってしまうのですが、まだ時間が早かったので難なくテーブルをゲット。そしたら偶然知り合いとお隣同士に。"It's a small world"ってお互い笑ってしまいました。

c0052933_23584759.jpg朝ご飯がまだだったのでクリームチーズ&ベーグルをオーダー。素っ気ない見かけなのですが、ここのベーグルとクリームチーズは美味しいです。日本でもベーグルってよく見かけますが、私の意見からするとあれは『ベーグル風の日本のパン』だと思います。日本人ってグルメでその上研究熱心ですからそのおかげで日本には美味しい物が溢れていますが、それが必ずしも本場と同じかというとそうじゃないんですよね。
日本から来たばかりの方は「日本の物の方が美味しい」って言われたりするのですがそれは日本の物が日本人の味覚にアピールするように作り替えていたりするからそう感じるっていうのあると思うんですよ。パンに関しては特にそう思います。

c0052933_054920.jpgベーグルに目のない毛だらけ氏が足元から熱い視線を送っておられます。
しかし既にご自宅で朝ご飯をペロリと平らげているこのお方にはベーグルはないんです。

「ベーグルは別腹っていう言い訳はビニーには駄目ですか」

駄目です。

c0052933_075345.jpgそしたらこんなやさぐれなお顔になられました。

「グレますよ」

c0052933_0101197.jpg風が冷たくて寒い土曜日なのにまずまずの人出のマーケット。
ここに来るといつも東ロンドンに住んでいる喜びを感じます。やっぱり自分達と同じくクリエイティブなお仕事系に人が多いしとても刺激になりますよね。このマーケットだけはポートベローやスピタルフィールドのような状態にならないで欲しいと切に願います。

c0052933_0235054.jpgブロードウェイマーケットはロンドンフィールドという公園に近接しているのでワンコ連れの姿を多く見かけます。
このワンコはオーナーさんが出店しているのでしょうね。敷かれた段ボールの上で大人しくお昼寝していました。結構寒いんだけどお腹とか冷たくないのかな?

c0052933_028874.jpgマーケットの最終目的地はお決まりのBroadway Bookshop。残念な事にこのように個人経営の本屋さんは昨今のセントラルロンドンではほとんど見かけられなくなりました。やっぱり地代が高くて無理なんでしょうね。古書街のチャーリングクロスも閉店する書店が多くて胸が痛みます。私にとっては個人経営の方がウォーターストーンのように大きな本屋よりもオーナーさんの好みが感じられて好きです。
ちなみに大型店では本も"2 for 1"みたいな叩き売りしますけど、本を野菜のように売るのは止めてよといつも思います←まあそれも本の種類によりけりですが。

c0052933_0404969.jpg帰り道にはオヤツ用にチーズケーキを購入。
一切れ£2.50なのですがもうもう充実の美味しさでウエストエンドやナイツブリッジの某パティセリーなんかと比べても断然こっちの方がコストパフォーマンス勝ち!

c0052933_0453431.jpg帰宅してから早速チーズケーキを頂きましたよ。
これにはBaileysがたっぷり入っていてほろ苦い、まさに大人味のチーズケーキ。ちなみに今日は出品されていませんでしたが、このストールのグリークヨーグルトフレーバーのチーズケーキも絶品ですからもしチャンスがあったら是非。

c0052933_103696.jpg今日の戦利品はこちら。ピーターアクロイド著のLondon: The Biographyです。自分の住んでいるロンドンの事をもっと知りたくなって買いました。パラパラっと中を見たらちょっと面白い事が書いてありましたよ。良くナイトクラブに行く時に英語では"clubbing"と言いますが、実際にこの言葉が諸文献に出現し出したのはあのサミュエルピープスの頃17世紀からなのだそうです。その頃から栄え出した社交クラブや政治的なクラブから発祥しているそうですが、今風な言葉だと思っていたら実はとても古い言葉だったなんて新鮮な発見。

c0052933_1181399.jpgちなみに今首っ丈で毎夜齧りついているのはこちら、カールセーガン著のコスモス。この本の中身は1980年に日本でテレビシリーズとして放映されたのと同じ物です。
断片的な記憶なのですけど番組の中で『ブラックホール』とか『時軸のひずみ』とかが語られていたのが今も強く印象に残っていて是非また読み返してみたいと思いました。カールセーガンさんはもう他界されていますが、彼の親しみやすい人柄が天文学を一般の人にも興味を持ちやすいように説明された功績は大きいですよね。
天文学と言えば日本に里帰り中にはスティーブンホーキング著のA Brief History of Time: From the Big Bang to Black Holesを読みました。とても興味深かったのですがやはり相対性理論量子力学をよく理解していないと100%彼の理論をエンジョイするのに限界があるかなと思いました。夫はImperial CollegeでPhDをやっているので「相対性理論と量子力学をかいつまんで説明せよ」と試しに聞いたら一言「無理」と言われました。本人曰く「俺がやったのは生化学で天体物理学じゃない」だそうです。やっぱりあいつには訊くだけ無駄だったか(^-^;)

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-01-24 23:45 | Everyday life
Puttering around...
我が家のクリスマスは今年も静かに終わりました(^-^)
美味しい物を食べてちょっとお酒もたしなんで本を読んだりテレビを観たりのんびりとした時を過ごしましたよ。
ボクシングデーのセールは相当な人出だったようですけど私も夫も人混みが大嫌いなので当然お家でputtering (ぶらぶらすること)しておりましたわ。

c0052933_445329.jpg夫はここ数年の懸案だったライブラリーの大整理に着手しております。水漏れ事件以来棚から降ろした本や雑誌が床に並んだままなのが嫌だったのですよ。でも夫の使いやすいように並べるのは夫しか出来ないし。普段は仕事で忙しい彼はクリスマス休暇中でもないと出来ない作業です(^-^;)

c0052933_4482085.jpg私はパリのお客様から受けた注文のジャケットの製作を開始。
同じデザインのジャケットでも毎回作る度に何かこうウキウキするのですよ。段々形になって来るのを見るのが嬉しくて仕方ないんですね(^-^)

c0052933_4511133.jpg今日のお昼にはオーダーしてあったIkeaのキャビネットが届きました。
ちなみに我が家ではこういう家具の組み立ては私の方が得意。元々建築なので図面を読んだり模型を作ったりしてたのが役に立つのかな。かなり悔しそうな夫を横目にサクサクと作業は進む...。

c0052933_458642.jpg二つ組み立てたのですが、一つは夫のデスクのお隣に。もう一つはライブラリーに置く事にしました。やっぱりこんな風にインダストリアル風の家具の方が我が家の雰囲気にマッチしますね。
"cheap & cheerful"
だけど結構イケてるよねって夫とも顔を見合わせてニンマリですわ。

c0052933_503373.jpgこちらは私の朝のオートミールの残りをせっせと食べていらっしゃる毛だらけ先生。
冬の朝にはこの暖かいオートミールにオーガニックのハニーとドライフルーツを入れたのがピッタリですよね。
後でしっかり歯磨きしなくっちゃね(^_<)b

「優しい甘さがたまらんですよ〜」

[PR]
by lovecarrie1 | 2008-12-28 05:04 | Everyday life
Benefit of freaky weather...
何だか真冬とは思えないほど暖かい一日でしたね〜(@.@;)
野暮用の諸々のためにウエストエンド方面へ毛だらけ先生とお出掛け。
それにしてもまあ街はクリスマスまで秒読み状態のせいか激込みでその雰囲気は殺気立っておりましたよ。ちょっとぶつかっただけでいい大人同士がFワードでののしり合っていたり、お姉ちゃんがバスの運転手と喧嘩していたり。子供だって回りに沢山居たのに...。とてもFestive spiritsとは言いがたいムードでしたわ。

c0052933_8595993.jpgさてこちらはロンドンの街中を闊歩される毛だらけ先生。
どうもこのお姿を見ると『スタコラサッサ』という効果音が聞こえてきてしまうのですよ。

「サッサカサーですよ」

シャカシャカと足を忙しく動かしておられます。

c0052933_924990.jpg2個目の野暮用が済んだ時点でお腹が空いてしまったのでソーホーのカフェでランチブレイクをすることに。
パリでは何故か食べるチャンスが無かったクロックムッシュー!

c0052933_942695.jpg毛だらけ氏用にパンを頼んだのにプレーンなバゲッドでは食欲がわかないと仰るお犬様。
仕方なくちょっと味がついた私のサンドイッチの欠片をお分けしました。後で歯磨き必須だわ。

c0052933_972498.jpg今日の最後の野暮用は毛だらけ先生を獣医さんに連れて行くこと。どこか具合が悪いわけじゃないんですがdewclawを切ってもらうのと肛門腺をきゅっと絞ってもらうことになってたんですね。予約の時間まで時間があったのでOttolenghiでお茶することに。
季節外れに暖かいのでお外に座っていても快適♪

c0052933_9154623.jpg私はここのカップケーキが大好きなのですが残念ながら売り切れ。クリスマスなのでミンスパイにしてみました。
毛だらけ氏ったらお目目が釘付け状態になっておりましたわ(^-^;)
その後は近くのジュエラーでお買物をして獣医さんに行きました。
肛門腺を綺麗にしてもらったのは良いのですが、ちょっとくさくなってしまった毛だらけ先生は帰宅後そのままお風呂場に直行する憂き目にあったのでした。

[PR]
by lovecarrie1 | 2008-12-23 09:24 | Everyday life
Freaky weather...
昨日のロンドンの天気予報でもしかしたら雪かもって。
「10月なのにまっさか〜(^0^)」って笑い飛ばしていたら...

c0052933_20101490.jpg本当に降りました(>_<;)
冷たい雨まじりの雪。

c0052933_20123430.jpg何故寒い中外にいるかと言うとこの毛だらけ先生のチッコのためです。
普段は夜のお役目は夫なのですが、今夜は残業ゆえ私が勤めております。

「さっぶくて出るもんも出ないですよ」

グズグズしてないで早く出しちゃってよ。

c0052933_2015309.jpg10月ももう数日でお終いだけどそれでもこの季節に雪だなんて。私の頼りない記憶ですが、17年来初めてのことじゃないですかねえ。
このままドンドン冬にまっしぐらなのかな。

c0052933_2018337.jpg「ビニーは暖かいお部屋にまっしぐらですよ」

とでも言いたげにやることを済ませた毛だらけ氏はすたこらさっさと帰りたがるのでした。

[PR]
by lovecarrie1 | 2008-10-29 20:24 | Everyday life
The official beginning of winter...
今朝からサマータイムが終わって時計が冬時間になりました。
1時間戻って日本との時差は9時間遅れとなります。

c0052933_023037.jpg私が初めてロンドンに住み始めた時期が丁度秋だったので私にとってこの季節は特別な季節。
その時期は楽しい思い出ばかりとは言いがたいけど反面そのおかげでロンドンの秋は私に強い印象を残したように思います。何かこう切ないと言うかほろ苦いと言うか複雑な心境になります。でもそれはネガティブな気持ちでもないのですよ。ただ『好き』と単純に表現するのには何か違和感を感じてしまうというか。それでも秋は一年の中で一番自分好みな季節だと思います(^-^)

c0052933_012083.jpgロンドンの秋はカラフルな日本の秋と比べて色彩は抑えめ。プラタナスの大きな葉っぱがあちこちに落ちています。この黄色い落ち葉を足でかき分けながら歩くと何故か不思議に幸せな気持ちになるのですよ。どうしてなのかな?ガサガサという乾いた音を聞きたくてわざわざ葉っぱが沢山ある舗道を選んで歩いてしまいます(^-^;)

c0052933_0184188.jpg柊の赤い実をみかけました。もうすぐクリスマスが来るのね〜。
お店のショーウィンドーもこれからどんどんクリスマス仕様に変わるんでしょう。時の経つのは速いなあとため息が出てしまいました。

インド旅行記の続きは明日から再開しますのでお楽しみに(^-^)
[PR]
by lovecarrie1 | 2008-10-27 00:00 | Everyday life
J'ai mal a la gorge...
このところお出掛け三昧で遊び呆けていたツケが回って来たのか今朝になったら喉が痛いです〜(>_<;)

c0052933_144954.jpgとにかくカロリーの高いもんを食べて薬を飲んで寝るのが一番ではないかという事で近所のキャフに直行。ここでブランチをしないことには我が家のウィークエンドは始まらんのですわ(^-^)
オキニの窓辺のテーブルに落ち着いてメニューをスタディ♪

c0052933_1471171.jpg警察署のお隣なのでお巡りさんもテイクアウトしに来ます。やっぱり署員食堂で食べるより外で買う方が楽しいのかな。
ちなみに日本で制服のお巡りさんがほか弁買っている風景とか見られるんでしょうか?
手前のお巡りさんったらちょっと太めですけど犯人追跡の時にちゃんと走れるんでしょうねえ。

c0052933_1512260.jpg今日のブランチとご紹介するのが恥ずかしいような有様でやって来ました。盛りつけとかそういう感覚は"goes out of window"的なプレゼンテーションかも(^-^;)
まあこういうのが典型的なイギリスのキャフの食べ物だと思っていただければ間違いないかと。
このお皿の白い部分に例のベイクドビーンズがどちゃ〜っと乗っていたらまだ少しは見栄えがしたかしらん。
まあ普段は摂生した食生活を送っているので週に一度位はこういうのも許されるんじゃないのと夫と言い訳しながら頂きましたわ。ちなみに私はこちらのベーコンは塩辛過ぎて嫌いです〜。

c0052933_25258.jpg毛だらけ先生もトーストのバターが付いていない縁の部分をたんまり頂いて満足げ。

「ビニーのウィークエンドもこれが無いと始まらんですよ」

ちなみに私の喉は紅茶で潤しても痛みが治まらない状態。今日は出版記念のイベントでチェルシーのギャラリーに招かれていたのになあ〜(T-T)
でも出掛けたら絶対風邪が悪化してしまうと思い夫には一人で行ってもらうことにしました。あ〜ぁ、つまんないの。
以前アメリカで買ったストナを飲んで毛だらけ氏を一緒にベッドに入ることにしましょうか。

[PR]
by lovecarrie1 | 2008-10-19 02:08 | Everyday life