ブログトップ
Britain's Next Top Model Cycle 4 part2...
さて前回の続きです♡

c0052933_1946114.jpgビニーの撮影が完了してお次はビビちゃん。このコートはシャネル風であのシャネルバッグのようにステッチが入っています。革も相当上質なのを使っているらしく柔らかくて着易そう。

c0052933_19481880.jpgこの撮影の間はビニーを抱っこして座っていたので近くで見ていなかったのですが、どうやら撮影が難航している模様。当初はテーブルの上じゃなくてその脇に積まれた箱の上に座らせる予定だったんだけど、グラグラするのでビビちゃんが嫌がって飛び降りてしまうのでその度にセットが崩れる音が(><;)
ワンコだって足元が不安定だったら飛び降りたくなりますよね。このお仕事、企画した人がワンコの事を良く知らないで組んだんだなあってちょっと呆れました。結局最後までモデルさんとビビちゃんがしっくり来なくて結果的にかなり残念なことになったようです。  

c0052933_19511688.jpgお次の登場のフランク君です。このコートも何だかTod'sっぽい雰囲気でとても素敵♡
ちなみにこのコート1着おいくらだと思います?  

c0052933_19584575.jpgチーズにお目目が釘付けのフランク君(笑)。






さて引っぱってごめんなさい。気になるお値段ですけど...






何と£3000だそうです。単純換算で60万円。顧客はロビーウィリアムスとか世界の富豪なのだそう。上には上が居るもんだと舌を巻きましたわ。 

c0052933_20141214.jpgテレビでは映らない撮影現場の風景。
撮影も長くなってくるとテーブルの上とかゴミだらけになります。食べ散らかしたポテチの袋とかコーヒーマグとかで放置状態。スタッフも疲れて来るので最初のうちは「お茶飲む?」とか聞いてくれたけど後半は「セルフサービスでお願い」になります(^-^;) 

c0052933_2021755.jpg待ち時間が長くてウンザリ気味だったフランク君だけどカメラの前に出たらすっかり元気に。さすがモデル犬よね〜♡
ママのエレンがちらつかせてるチーズを全身全霊で見つめております。 

c0052933_20242633.jpgお座りから立っちにポーズを変えて何ショットか撮ります。
なかなか様になってるわよ、フランク君♪ 

c0052933_20265674.jpgフラッパー風のモデルさんとダンディーなフランク君がカードテーブルでデートという設定でしょうかねえ。毛だらけ先生の時より衣装もお上品で良いじゃないですか。
毛だらけ先生の時は本当にモデルさんが下着同然でしたからねえ...(= =;)  

c0052933_20314670.jpgフランク君とエレンはリンコンシャーまで帰らなくてはいけないのにプロダクション側の都合で撮影を後回しにされてしまったのですね。コントラクトには10〜4時までってなってるのにフランク君達の晩になった時には既に5時過ぎ。
クライアントの手前あまり怒れないのが辛いとこなんだけど、もうちょっと配慮してくれたって良いのに...。
メディア関係の人って何かこう自分達は特別みたいな態度取るのがいけてないかもって思っちゃいました。  

c0052933_20582674.jpgこれが終わったら帰れるんだから頑張ろうねっ♪
今度も何だか???なセットなようです。ビーチにアメリカンインディアン風なモデルとこれまた毛だらけ先生の一枚目に衣装に似たコートを着せられたフランク君。
一体どういうことになるのかな(^-^;)   

c0052933_2115241.jpgここでまた問題勃発!セットに敷き詰められた砂が嫌なのかフランク君がどうしても逃げてしまうんです。普段踏み慣れていな足元がどうも苦手なようでチーズを使って呼んでも戻ってこないっ(><;)
ワンコ無知なディレクターったら「犬って砂とか好きじゃなかったの?」とかのたまうし。そんないつもビーチを散歩してるんじゃなかったらワンコだって砂地なんて歩いた事ないでしょ。
これは困ったと皆んな思案顔です。  

c0052933_2174397.jpg結局フランク君の首輪にロープを繋いでそれをモデルさんが持つということで何とか問題をクリア。でもモデルさんもフランク君に引っぱられて手首が痛そ〜(T-T)
撮影の間はそのような表情は全く見せなかったものの終わった途端に「痛くて痛くて泣きそうだったわ」って仰ってました。フランク君もモデルさんも御苦労様でした♡   

c0052933_2129173.jpgご自分の撮影が終わってお疲れになったのか毛だらけ先生はスタジオの隅っこの置かれたキャリーの中で爆睡。どんな状況でも寝られるというのはこのお方の才能の一つです(^0^;)

結局私達の撮影が終わったのは6時過ぎ。エレンにヴォクソルまで送ってもらって地下鉄で家路に着きました。寒いスタジオの中で知らず知らずのうちに身体に力が入っていたのか暖かい地下鉄の車両に乗り込んだら疲れがドッと出ました。
あぁ〜、大変な一日だったわ...(<_>)   

[PR]
by lovecarrie1 | 2008-01-28 20:19 | Doggie