ブログトップ
My kinda Christmas decoration...
先日連日の編み編みで手首が痛くなったので一日お休みしてちょこっとお出掛けしてきました♡

c0052933_18493455.jpgクリスマスカードを調達しなくっちゃと向かった先はボンドストリートのSmythson
我が家のクリスマスカードはほぼ毎年こちらのを使っています。理由はと言うとデザインがとても簡素でモダニストの夫の趣味にも合うから。
こちらの手帖とかステーショナリーはカラフルで発想もちょっとお茶目で素敵なんですよ。私はもう何年も某ブランドのオーガナイザーを使っているのですが、毎度こちらのを見る度に浮気したくなります(^-^;)
日本へのお土産等もこういう所で探すとオリジナルな物が見つかるかもしれませんね♡

c0052933_1932837.jpg「ちょっとくたびれたから例の所でお茶でもしますか」

と私達がボンドストリートの裏通りを抜けて向かった先はこちら
メイフェア近辺には何箇所かこのようなアーケードが点在しているんですけど、やっぱり一番充実しているのはこのバーリントン・アーケード♡
可愛いミニサイズのクリスマスツリーと一緒に毛だらけ先生も撮りたいなと思ったけどどうもこのお方は協力ムードでないですね(爆)。

「また立ち止まって何してるですか」

c0052933_1911501.jpgアーケード内もすっかりクリスマス仕様です。
リースとファブリックを組み合わせた飾り付けが何ともヴィクトリアンで素敵ですよね。
バーリンドンアーケードに軒を連ねるお店は宝飾やカシミア&革製品がほとんどなんですが、プレ・クリスマスのロマンチックなデートコースにぴったりな雰囲気。男性のお財布の紐が思わず緩んでしまうようなそんな危険な場所ですね(笑)。
ちなみに私のお好みはこちらのグレーの大粒真珠を使ったチョーカー♡
いつか飴玉サイズ位のが欲しいわあ。

c0052933_1923893.jpgお目目の保養が終わったら食欲の方も満たさないとですよね。久しぶりにラデュレのモンブランを頂きました。
こちらは外のテーブルに座るしかないんですが、この日はとても暖かくてコートを羽織っていれば全く寒さを感じなかったので快適でした。
私がケーキをモグモグしてる間もマカロンを買い求めるお客さんがひっきりなしに訪れていました。この金ぴかの店内を見てイギリス人らしき男性が「フェラロロシェの御殿みたいだな」って言ってたのを聞いた時は可笑しくて笑っちゃいましたけど。確かに〜!
英国人のユーモアのセンスやっぱり好きかも。

c0052933_1937047.jpg「ビニーは相変わらず袋詰めでママのお口を見てるしかないですよ。ズルいですよ」

そんな〜通りがかりの人が皆可愛い可愛いしてくれたでしょ。良いのよ、ワンコはそれで。
お茶の後はこれまた私のお好みのジャーミンストリートを流して家路に着きました♡

c0052933_19433120.jpgさてこの日の戦利品はこちら。スマイスソンでお買物をするといつもこのように素敵な包装をしてくれるのが好きです。私のお隣ではアメリカ人の方がお土産を買っていましたけど、お店の人が丁寧に個々に梱包してお客さんがパッケージを開けなくても分かるように袋のそこに印をつけていました。何でも丁寧な日本でだったらこんな光景は珍しくないと思うんですが、あのハロッズですらビニール袋に商品をただグサッと入れて渡してくるのが当たり前のイギリスではこういうサービスって非常に希少価値なんです。

c0052933_19511392.jpgこちらが今年のビニー家のカードです♪
夫に見せたら「いいじゃん」ってことでした。
気に入ってくれて良かったわ(^-^)b
でも郵便局に行って並ぶの嫌だなあ。クリスマス前って凄く混むんですよ。その上雰囲気も暗くてサービスだって日本のみたいに良くないし(爆)。

c0052933_20201980.jpgもう一つの戦利品はこちらのブーツです♡
実は日本に里帰りした時にとってもシルエットが綺麗なロングブーツを買ったのですが、そちらはヒールが8cmで一日ロンドンの凸凹の舗道を歩くのはチト辛い(^-^;)
私のお出掛けというとその上毛だらけ先生入りのキャリー(多分4kg弱)も持ち歩くので頑張り過ぎると膝と腰に来ます。
こちらはヒールが5cmなので一日歩いても全然疲れなさそう。この3cmの差って天国と地獄じゃないですか←大袈裟。
あの、今年のトレンドはブーティーだって分かってるんですけど、やっぱり暖かさはロングブーツかなと思って...(^0^;)
[PR]
by lovecarrie1 | 2007-12-02 20:53 | London guide