ブログトップ
Button Queen
セルフリッジの後ろ側のMarylebone LaneThe Button Queenっていうボタン専門店があります。

c0052933_15467100.jpg日本だったら普通の洋裁屋さんにいけばそれなりに高級感のある素敵なボタンが見つかると思うのですが、イギリスではこれが何故か難題(==+)
だいたい手に入るのは安っぽいプラスチックのペカペカばかりなので嫌になります。
そんな中一応それなりのボタンが見つかる可能性があるのがこのお店(あくまで可能性ですが)。

c0052933_15501049.jpg婦人服のボタンの他に退役軍人のおじさんが喜んでブレザーとかに付けそうな金ボタンがどっさり。骨董品らしく先日アメリカ人の老夫婦があれこれ吟味しているのを見かけました。
ストックしているデッドストックのヴィンテージなボタンには心惹かれるのですが、いかんせんいちいち店員に頼んでみせてもらわなくちゃいけないのが面倒くさい。たまに店番でいる若いお姉さんだとさっさと見せてくれるんですけど、常駐の親父さんだと「どんな物に使うのか」とかつべこべいらん質問をしてなかなか見せてくれないので困ります。ようするに古風なイギリス式の営業で相手に自分の希望を伝えてそれを店員が持ってくるというやり方なんでしょうけど、見てみて「あっ、これいけるかも」という直感に頼りたい私には全く合わないんですね。だから通りかかった時にあの親父さんを見かけると「今日は止めとこう」と思って立ち去るのが常の私なのですわ←この親父さんがまた結構しょっちゅう店番をしているのでなかなか入れないのが悲しいんです〜(^^;)

[PR]
by lovecarrie1 | 2007-08-15 16:00 | Shopping