ブログトップ
St. John's bar...
家でビニーとまったりしていたら夫から電話があって「これからちょっと一杯やりに行くんだけどこっち来ない?」って。まあ雨も降ってなかったし、家から歩いて10分くらいだから良いっかと思って「6時頃行くわ」と電話を切った私。飲めないわけではないんですけど、ビニーが我が家に来て以来めっきりそういうお出掛けは減ったなあ。『場』は嫌いじゃないんだけどね。あと煙草の煙が目にしみるところはやっぱり辛いわ(笑)。キャロラインさんに頂いたコートをビニーに着せて夫の出来立てホヤホヤの会社に急ぎました。

c0052933_1874281.jpg食べ散らかしてる最中でで申し訳ない。皆でモグモグしたのはアンチョビートースト、パテ、ウエルシュレアビットそれとボーン・マロウ♡お飲物はケイトと私は白ワイン、男性群はギネス。
このSt.Johnのバーって雰囲気が大好きな私。やっぱりClerkenwellっていう場所柄お客もデザイナーやアーキテクトが主だからその分野出身の私の肌に水が合うって感じですかねえ(笑)。バーだけど耳障りなBGMが一切無くて皆の話し声だけなのがまた心地よいかも。

c0052933_18195125.jpg食べちゃった後なんですけど、これがこちら名物のボーン・マロウ(牛の骨髄)ですよ。蟹を食べる時に使うようなお匙で中をほじくり出してトーストに塗ってその上から岩塩をパラパラっと振りかけて齧りつくと美味しいっ♡コレやっていると本当に野生に戻る気がするわ(笑)。
食感はこうとにかく動物性脂肪って感じですね。バターをアッサリさせた感じかな?あのバター特有の濃厚さは無いんですよ〜。ちなみに一緒に写っているのはパテ。

c0052933_18254319.jpg食事がほぼ終わった時点で膝の上に抱っこされることを許された毛だらけ先生。でもお皿はほとんど片づけられちゃってました(笑)。

「テーブルに下で大人しくしてたのにせめてお皿くらい見せてくれたっていいでしょっ」

先生、お目目がフラッシュに反応してエラい事になってますけど。

c0052933_18294399.jpgおっと〜獅子舞か〜?
新年にはまだ早いぞ〜(笑)。

「もうブンブンいっちゃいますけど」

ちなみにココは何故かワンコむき出しでも文句が出ない不思議な場所。ビニーを見てもスタッフは知らん顔です。他にもワンコむき出しで来る人いるらしいし。あっちこっちから抱っこさせろと声がかかって毛だらけ先生落ち着きません。

c0052933_1832568.jpgこの夜の会話は終始皆が体験した日本であった面白いことに尽きました(笑)。
ほとんどのスタッフが日本を訪問済みと知ってちょっとビックリした私。デザイン関係の人って日本のことをとっても『エキサイティングで不思議な場所』って思ってるみたいです。特に新幹線とか交通網が正確で凄く良かったって言ってました←ここの国のがあまりに当てにならな過ぎなのよ(爆)。まあそんなこんなで大笑いしながら夜は更けて行ったのでした♡
[PR]
by lovecarrie1 | 2006-12-14 18:38 | Food