ブログトップ
Am I "Anglonised"...?
例の配達なんですけど、昨日の昼頃電話があって「今日の午後遅くか夜早い時間に配達します」とのこと。思いもかけずにイギリスにしては親切な配達の予告に「イギリスもなかなか捨てたもんじゃないわね♡」と思ったのですが、肝心の時間を過ぎても現れない...。「やっぱりこんなもんよね」と夫にブーたれていたら来たんです!来ました、配達が!その上時刻は夜10時10分前(爆)。

c0052933_4465432.jpgインターフォンを置いてから階下に走って行って塩の入ったバッグを上に運び上げました。一袋が8キロだから十袋で80キロ。重かったです。でも来ないと思って諦めていたから実際に現れた時は「遅かったじゃない!」と文句を言うより「よくぞ来てくれましたね〜」という気持ちでしたね(笑)。ビニーもビックリした?

c0052933_4512826.jpg塩を無事に軟水機に補充。これでまたお水の石灰分が少なくなって肌触りが良くなりますわ♡
それにしても長年のイギリス生活でこの国典型の“口先だけの約束”に否が応でも振り回され慣れてしまったのかな?今回もそれゆえあまり期待していなかったのですが、こんな遅くまでかかって配達してくれた事に妙に感心してしまう自分の基準が実はかなり『英国化』しているのかなとも思いました(笑)。まあ価値観も『郷にいれば郷に従え』ってことなんでしょうかねえ...。

c0052933_4592062.jpg「ビニーもおてつだいしたですよ♪」階段を塩の包みを持って上り下りしている間もビニーがチアリーダーで励ましてくれたよね(笑)。これであと10ヶ月くらいは大丈夫だよね〜。(^-^)v

[PR]
by lovecarrie1 | 2006-04-22 05:07 | Everyday life