ブログトップ
My dentist...
今日はあの痛い思いをして以来の歯医者さんのアポの日でした。今日はインプラントの手術の日なのでビニーはお家でお留守番です。ビニーが来て以来毎日持ち歩くのはワンコのキャリーばかりだったので今日は久々に普通のバッグを持って出たのは良いんですけど、駅でオイスターカードをトップアップしようと思ってバッグを開けたら財布を忘れてきたことに気がつきました(>_<)仕方なく家まで戻って出直し。ビニーは舞い戻った私に呆気にとられたような表情。そう、ママはそそっかしいのよ。ママのママもそうだから遺伝なのよ←お母様、ごめんなさい(笑)。

c0052933_23431557.jpgここが私がいつもお世話になっている歯医者さんです。オックスフォードサーカスから徒歩で3分。ジョン・ルイスの後ろのCavendish Squareの一角にあります。

c0052933_23474536.jpgこちらが私の歯を見て下さっているDr.Bobby Bandlishとその奥様で歯茎のスペシャリストのDr.Gita Auplishです。私がこの先生達の治療が気に入っている理由はとにかく優しいこと!痛みを感じないように細心の注意を払ってくれます。ロンドン中心ではプライベート(自費)の歯医者さんがほとんどなのが現状なのですが、それでも無駄な治療は一切勧められないので安心してかかれるので助かります。日本語は通じないんですけど、英語でもオッケーな方で歯のお悩みがある方いかがでしょうか♡
肝心のインプラントの方なのですが、今日は手術の前の予備チェックでレントゲンだけでした。せっかく勇気を振り絞ってきたのに〜(爆)。オペは二週間後だそうです。ドキッ!

c0052933_023270.jpg帰り道は途中で雨が降ってきたけど傘を持たずに出た私は濡れました(爆)。でも今日は余計なあの“お荷物”さんがいないので、クリーニング屋さんに寄ってランドリーをピックアップ。そしたらおじさんに「ビニーはどこ?ビニーを毎回連れてきてくれなくちゃ駄目だよ」と言われました。そ〜よね〜、私の顔なんかよりビニーの顔のが見たいよね〜。さて問題のあのお方は...。私がドアの鍵穴にキーを差し込むと小猿が母猿を呼ぶかのような鳴き声が(笑)。何回聞いても“く〜ん、くぅ〜ん”というワンコの鳴き声というよりは“ウキュ〜、ウキ、ウキッ”っていうような音にしか聞こえないんですけど。どうやったらあんな声が出るのよ。あなたは“チワワンの皮を被ったリスザル”かなんかなの?「まってたですよ〜。さびしかったですよ〜」

c0052933_0183147.jpgさてさて私は緊張したらお腹空いちゃったから納豆でもかきますか♪実は家の夫は納豆が大嫌いで彼がいる時は納豆は御法度なんです。で、“鬼の居ぬ間に”じゃないですけど私は彼の出張中は納豆パラダイスな生活を楽しんでいるんですね(笑)。ビニーはお留守番させられていたトラウマから未だ脱せないのか抱っこ要請の嵐で仕方なく納豆を片手の私の膝に。もう抱っこしたんだから惰性でお鼻キュ〜キュ〜鳴らすの止めてくれる(笑)?

c0052933_0203761.jpg「ママが“なっとう”ざんまいだったことダディにはないしょにしといてあげますね」う〜ん、小賢しいことを言う奴(爆)。

[PR]
by lovecarrie1 | 2006-04-12 00:22 | Everyday life