ブログトップ
"Stitch & Craft2006"...
手首の方は大分復活してきました。まだまだ全快していないのですが、ブログが出来るようになってホッ♡
久々に春らしいお天気に恵まれた木曜日にはStitch&Craft2006に行ってきました。今年はアレクサンドラパレスからケンジントンオリンピアに会場を移して開かれたのですが、地下鉄のホームもコレがお目当てらしい御婦人がてんこ盛りでした(笑)。

c0052933_0113629.jpgオリンピア1には入った事があるけどオリンピア2は初めてでした。ちょっと小さいかな...。待ち合わせには少し時間があったのでカフェエリアでコーヒーとマフィンの朝ご飯♪開場したばかりでまだ人出はまばらでしたが、あっという間に白髪の渦に(笑)。

c0052933_0145749.jpg面白い毛糸があったらと思ってこのフェアーに来たのですが、実際には95%は刺繍関係で編み物関連のお店は3%にも満たなくてかなりガッカリ(涙)。でもせっかく来たんだからと気を取り直して3人で会場を回りました。

c0052933_0173888.jpgインスピレーションを得ようとプラス思考で回ったもののこの手に物にはどう反応したら良いんでしょうか(笑)。そういえば家にも子どもの頃こういうボアボアのクッションカバーあったような気がするんですけどアレも手作りだったんでしょうか、お母様?

c0052933_02114.jpg動物好きなお国柄からかワンコやニャンコの絵柄の他にもいろいろとアニマル関係の型紙がありました。その他驚いたのは男性用に戦闘機とか機関車やスポーツカーの絵柄もあったこと!イギリスでは男性も刺繍をするのとは目から鱗かも(笑)。

c0052933_0243746.jpg日本をテーマにした絵柄も人気なようですね(笑)。“花の大奥”みたいなタイトルが頭に浮かぶ図柄の物が何点もありました。その他は刺繍用の大きな虫眼鏡のようなスタンドとか専用の椅子や机があったりしてイギリス人の刺繍好きさがありありと(笑)。

c0052933_0295026.jpg数少ない毛糸関係の展示の中で私達が惹かれたのはイギリス手編協会のスタンドで見かけてたこの毛糸♡色も可愛くていい感じ。でも個人所有の毛糸でここでは手に入らないんだとか(涙)。毛糸の名前は教えてもらったから後でネットでサーチしてみよう...。

c0052933_0342462.jpg気になるあのお方はどうされていたかというと、キャリーの中でもみくちゃになる憂き目に遭っておられました(笑)。イギリスの老婦人は太っていて威張っている人が多いです。「アンタのが若いんだから私に道を譲りなさい」とばかりに前進してきます(笑)。「ああいうの“オバアタリアン”っていうんですよね」

c0052933_0381030.jpg唯一私が買った物はこれです♡細い糸を寄り合わせて太い毛糸が出来る道具です。これで好きな色で好きな素材の糸が出来ちゃう(はず?)なんですね。結果は後日乞うご期待ですわ(笑)。

[PR]
by lovecarrie1 | 2006-03-26 00:41 | London guide