ブログトップ
Elizabeth Street SW1
昨日はお掃除の後にビニーとBelgravia方面にお散歩に行きました。

c0052933_18332580.jpgここがペット・ショップ(って言うかもうペット・ブティックですな)のMUNGO & MAUDなんですが、残念ながらお店の中は撮影禁止。ビニーに何着かセーターとかコートを試してみたけど、どれもチワワンにはちと大き過ぎでしたわ。やっぱりイギリスの“小さいワンコ”ってやっぱりヨーキーとかマルチーズとかなのかな?ビニーは何回も脱いだり着せたりされて思いっきり嫌そう〜な顔してました。可愛いお店だったけど正直言うと取り扱い商品はほとんどあのTRIXIES & PEANUTのものでついでにお値段のマークアップが凄かったのには「....」(笑)。もっとオーガニックのオヤツとかその手にものも置いてくれたら良かったのになあ。 ビニーに何回もお洋服着せた罪滅ぼしで何か美味しいものと思ったけどなかったのね。ごめんね〜♡

c0052933_18454295.jpgせっかく来たんだからとElizabeth Streetを少し歩いてみました。美味しそうなパン屋さんもあって夫にお土産でビスケットを買いました。しっかりした食感の薄いバター風味のクッキーで巷に出回っているアメリカンスタイルの分厚くて“実沢山”のクッキーとはまた違った美味しさがありましたね〜♡ここではオーダーメードでパンのアート(食べられないんだけど)を作ってくれるんだそう。カントリー・コッテージ風のキッチンだとお似合いなんだろうなあ。私のうちみたいなのには場違いか。。。

c0052933_18531684.jpgそこはかとなくお洒落な八百屋さん/お花屋さんなんかもあってなかなか趣きのある通りですな♡あのBOYDのお店もあってTracy Boydさんご自身がお店番していらっしゃいました(笑)。

c0052933_1856594.jpgついでにこんなに可愛らしいオモチャ屋さんまで発見。ほっくり心温まる木のオモチャやふわふわのロッキングホースとかがウィンドーを飾っておりました♡こんな素敵なオモチャで遊んでいてくれるのって幾つくらいまでなのかなあ〜。今時の子供(特に夫の甥っ子達)が持っている極彩色のプラスチックのオモチャを見る度に私はぞっとするんですが、やっぱり子供にはこういう素性の正しいオモチャで遊んでいて欲しいですよね(笑)。

c0052933_1922127.jpg「ビニーにもオモチャかってくれるですか?あのへいたいさんたちはビニーがかじるのにちょうどいいサイズですよ♡」
う〜ん、齧っちゃうと駄目になっちゃうオモチャ達だからねえ〜(笑)。ビニーちゃんにはまた別のとこでね。

この通りも素敵なのはこの一角だけみたいでヴィクトリア・ステーションの方向に歩くほどに雰囲気が怪しくなってきました。なのでバッキンガム・パレス方面に引き返しました(笑)。
わざわざ出掛けて行くほどにこともない通りですが、もし近くまで行かれる用事があったら是非Elizabeth Streetも覗いてみてはいかがでしょうか〜♪
[PR]
by lovecarrie1 | 2005-11-11 19:17 | London guide