ブログトップ
Teenage Blues...
ビニーは生後9ヶ月になったばかりで人間の年齢と比較するとティーンエイジャーまっただ中でございます。昨日は実はビニーのティーンエイジャードッグクラスの最終日で路上での教習(まるで車の運転のようですね)でございました。
最近のビニーは外での恐怖心が好奇心に変わったらしく匂いを嗅いだりマーキングをするのに大忙しです。トレーナーさんのコレットの指導で街中を歩く教習の間も私のコマンドにも興味半分で知らん顔(><)。コレットは私の顔をみて「ビニーのこと可愛がり過ぎたわね」とニヤリ。要するにビニーは自信がついて態度がデカくなったというのでしょうか。ママのコマンドも自分の聞きたい時以外は無視をする悪癖が発達しつつあったようです。
正直言ってビニーが私にとっては初めての雄のワンコだったのでこの雄のワンコ特有の匂い嗅ぎとマーキングに対してはどう対処していいのか分からない部分でもありました。ワンコの本にもその手のことまでは言及していないんですよね〜。で、コレットに「でもビニーには匂いを嗅いでマーキングさせる必要はないの?」に質問したら彼女は一言“No!”彼女の説明によるとビニーはオーナーの私にもっと注意を払う必要があるし私もビニーと常にコンタクトをとり続けなければいけないのだと。彼にとっては私が群れのリーダーなのだから彼が自分の縄張りをクレームする必要はないのだということです。そう言われてみればそうだわ。「あなたが本来ボス犬でビニーのシニアだったら彼のマーキングを自分のおしっこで即座にカバーしていたはずよ」とのかなり分かりやすい説明にさらに納得〜。勿論ビニーが全く匂いを嗅げないのではなくて私が彼にその機会を与えてあげるように主導権を握らないといけないのだということを説明されました。
路上でのエクササイズの間も私のコマンドで座らなくてはいけないのにビニーが知らん顔していたのはある意味私の立場を誤解されつつあったのだと聞かされて私は大ショック。「あなたのコマンドは命じているんじゃなくてお願いしているみたいよ」と指摘されてから今までかがみ込んでコマンドしていたのをちゃんと背筋を伸ばしてやってみたらビニーはちゃんと座るでないですか〜(驚)。分かっていたのにやりたくないから知らん顔してたのか〜....。いろいろと自分の至らない所を指摘されてかつそのせいでビニーを混乱させたのだと自覚させられてかなり落ち込みました。その後結局ビニーはテンポを取り戻して無事に卒業証書は頂いたんですけど、あまりに考え過ぎた私は頭は痛くなるは声の出し過ぎで喉は痛くなるは散々なコンディションになり迎えにきてくれた夫にも何故か不機嫌になってしまったのでした(ごめんよ夫)。

c0052933_23504057.jpg「ベッドにあがったんですけどおりれないです〜」

c0052933_23503655.jpg「おやつでつられてもこわいものはこわいです〜」

c0052933_23521170.jpg「ママがだっこでおろしてくれないとビニーおりれないんですってば〜」


偉そうにしてたくせにヘタレ坊主よね!
[PR]
by lovecarrie1 | 2005-09-07 23:58 | Doggie