ブログトップ
Sad morning...
c0052933_18371998.jpg昨日ロンドンで起こった同時多発テロの事が今朝もニュースの話題の中心です。身元が分からなくなっている人々の家族がテレビで情報を呼びかけていたりしてあの9/11の悪夢が戻ってきたような雰囲気です。今朝ビニーを朝の散歩に連れ出した時もダブルデッカーバスが通り過ぎましたが乗客の表情は堅くて緊張しているようでした。私がロンドンにきた90年代前期はまだIRAの爆弾テロが盛んに行われていて“Security Alart”という言葉がごく日常的に使われていました。放置されたバックや紙包みのせいで地下鉄の駅が閉まったり広場や建物が封鎖されたりその回りの一体が立ち入り禁止になったりというのが週に2〜3回はあったものでした。私もそれがある意味当たり前になってしまってその場に居合わせても「まったくもう面倒くさいわねえ」と思ったくらいでした。2000年代に入ってそのIRAのテロも収まりやっと爆弾に怯えなくて済む生活が戻ってきて皆の気持ちの中にも余裕が戻ってきた近年だったのに今回の爆弾テロが起こってしまいました。ロンドンの人々ってある意味この手のテロに長年さらされてきているので慣れているというのはあると思いますけど、これから日常的に身の危険を感じなければならないという事実が新たなストレスになるのは避けがたいですよね。私も夫が仕事に出掛ける時に「無事に帰ってきてね」って心の中で思ってしまうし、自分がバスや地下鉄に乗る時も「ここで爆発が起こったら自分はどうなるんだろう」って考えてしまいますもの。今回の(多分アルカイダ関係のグループによる)犯行の手口でIRAの手口の決定的な違いはIRAは爆破する前に犯行予告を必ず出していたので建物は被害にあっても人命はほとんど失われた事がありませんでしたが、今回の犯人は予告を出さないということです。まだ捜査中なのでどういった形で爆破が行われたかは分かりませんが、地下鉄のトンネルの中ではマドリッドの時のように携帯電話を使えるはずがないので自爆テロの可能性が高いらしいです。自分の命も何とも思わない人が他の人の命を気にかけるとは思えませんよね。昨日からそんな考えで頭がいっぱいです。本当の意味での平和がもたらす心の平安が私達の日常に戻ってくるのはいつなのでしょうか?本当にそんな世の中がくるのでしょうか?

c0052933_18392083.jpgビニーだけが昨日の大惨事のことも知らずにガムを噛み噛みしているのが羨ましいような...。

c0052933_18405161.jpgビニーが恐いのはこの掃除機だけだよね〜。

[PR]
by lovecarrie1 | 2005-07-08 18:43 | News & Media