ブログトップ
砂利浜ブルー
ランチの後はDungeness周辺を散策(^-^)

海岸に向かってEnglish Heritageが設置してくれた舗道を歩いていきます。

c0052933_1785254.jpg


ここの海岸はShinglesという砂利で覆われた砂利浜でしてこの砂利の上を歩くのはなかなか大変!

c0052933_1772415.jpg


足元がずぶずぶと沈むのでなかなかスムーズに歩けないんですわ(=_=;)
あんよが小さい毛だらけ先生にはかなり深刻な問題なようです。

c0052933_17113349.jpg


慎重に歩を進められるご本人なんですが...。
どうにもごつごつしてるのが肉球に辛いご様子...。

c0052933_1713151.jpg


暫く進まれてから立ち止まってしまいました。

「痛くて嫌ですよ」

普段から街中の舗道とかカーペットの上とかしか歩いていらっしゃらない柔な肉球にはこれは苦行かもしれませんな。

c0052933_1717177.jpg


もう歩くのは沢山とばかりに座り込まれてしまわれたので残りの散策は抱っこ状態で(爆)。

c0052933_17302525.jpg


「すたこらさっさ〜ですよ」

砂利よりは歩き易い舗道なんですが、材木同士のギャップが結構広くてたまに毛だらけ氏の足が落っこちたりしてこれまたちょっと大変(^-^;)

c0052933_17333526.jpg


彼方に見える四角い建物は廃棄されて原子力発電所。2006年に廃棄されて今は使用済み核燃料を格納しています。原発の周辺って何かこう奇妙な雰囲気が漂っていますよね。近付き難いというか、こう『禁断』的なムードがあると感じます。この海岸は頻繁に霧も出るのですが、それが尚更この奇妙な雰囲気に拍車をかけるように思いますね。
[PR]
by lovecarrie1 | 2011-04-30 17:18 | Travel