ブログトップ
Don't "act" your age...
ホッケー楽しんだ翌朝の風景...

c0052933_4502496.jpg

防具を乾燥中(笑)。

実は先日義父がロンドンに来まして彼の定宿のセントジェームスのメンバーズクラブ近くのフィッシュレストランで食事をしました。
義父は70半ばですが今でも自分の事業等や趣味等で大活躍な方なのですよ。アペリティフを飲みながら「ねっ、これ見て」って渡されたのはドクターからのお手紙。実は彼は自家用のセスナを持っていましてそのライセンスを毎年更新するのに健康診断を受けるのですが、このお手紙でいかに彼が健康かということを証明して頂いたのだそうです。飛行機のライセンスを継続し続けるために10年前には予防のための心臓のバイパス手術まで受けた彼ですから今年も一年飛べるという事が嬉しくて仕方なかったようですね。私も夫も義父がやもめになった後も毎日元気に精力的なのはとても頼もしいです。
私が思うに彼の若々しさの秘訣は『自分が歳だからということを言い訳にしない』ことじゃないかな。歳を取る過程で自分で自らの可能性を限定したり過小評価する人っているじゃないですか。そういう人って実際の歳以上に速く老けて行くと思うんですよ。以前の知り合いにも「私歳取るの全然心配してないの」って豪語してたのが居ましたが、確かに彼女は実際の年齢よりも『おばさん化』してましたよね。自分がこういう年齢なんだからこの程度で良いっていう開き直りというか諦めみたいなのを『悟り』みたいに言うのってどういうもんかなあって疑問を持ちます。私も義父と同じで自分の年齢をその他大勢の他人と比較したりしたくないのでしないですよ。自分の出来る限りいつまでも好きな事続けたいし、そのための節制や努力は惜しまないで生きて行きたいなあと思います。
実は義父には10歳若いガールフレンドが居るのですが、彼女との関係を最近ちょっと見直しているのだとか。1年程前に彼女にプロポーズしたのですが、どうも反応がイマイチ煮え切らないというのは聞いていたのですが、その後の展開はどうなったのかなあって夫と気を揉んでいたのですね。それとなく近況を訊いたら先が見えない宙ぶらりんな状態に段々迷いが出て来てしまったと言う義父。私も夫もてっきり彼女の方が年下だから義父の方が熱を上げているのだと思い込んでいたらどうやらそうじゃないらしいということが判ってちょっとビックリ。クリスマスに会った時にはお互いの家を処分してCotswalds辺りに新居を買おうかと思っていると言っていたのですが、そういうのも忙しい彼には面倒といえば面倒らしいのですよ。キッチンも改造し直したばかりだし、身の回りの物の整理とかあの家なら大変そうだわ。私達としてはオックスフォード近辺の方が会いに行き易いし良いなあって思ってたんですけどねえ。義父と別れてから帰りのブラックキャブの中で夫も私も「何かちょっと意外だったね〜。でもそんな感じなら返って心強いよね」って笑ってしまいました(^-^)
[PR]
by lovecarrie1 | 2010-02-28 05:15 | Health & Beauty