ブログトップ
Love of ball game...
MLB World Seriesが開催中ですね。



我が家でもESPN Americaで観戦してます。
イギリスに住み始めた当初はこの国に『野球』というスポーツが全くと言っていい程知られていない事にショックを受けました。まあゲームの放映も無いし一般のイギリス人が知らなくても仕方ない事なんですけどね。野球を観るのが結構好きだった私としては相当残念だったのですよ。まあサッカーも嫌いじゃないけど、ご飯を食べながらでもあまり消化不良を起こさずに落ち着いて観れるのは野球ですよね。夏の夜に「なんだ、三者凡退か」とか「次はスクイズですかね」などとお喋りしながら家族揃っておかずをつついていたのが日本での懐かしい思い出だったりして(^-^)
我が夫はイギリス人故最初は「観てても訳が分からん、ベースボールって」って言っていたのですが、ライブを観ながらルールを教えたりゲームの流れを説明してあげたら野球の面白さが分かって来たらしく昨日のゲームも一生懸命観ていました。ちなみに昨日のヤンキース対フィリーズはホームランでのどんでん返しが連発で面白かったなあ〜。やっぱり野球の魅力は戦術に尽きますよね。チームスポーツの王様だわ。
ロンドンでの夏のボールゲームというと仕事帰りに会社主催でやる草ソフトボール。アメリカちっくで格好良いじゃんという事らしいのです。が悲しいかな、ここはイギリス。ルールを知っている奴がほとんどいないんですわ。私も建築事務所にいた時はノーマンフォスターやラルフジャッドなどのチームとバタシーパークで親善ゲームしましたけど、結果は悲惨なものだったのですよ。誰もゲームが分からないから仕方なく私のようなのがキャッチャーをすることになりましたが、まず3ストライクでアウトというルールは『それじゃあ誰も打てない』ってことで無効に。バットに当たるまで投げ続けてあげるという親切なルールに変更。でも例え打てても次に何をするのか分からなくてバッターボックスに立ち尽くすファーストランナー。それとクリケットと勘違いしてホームベースを身体で隠すバッター。まかり間違ってヒットが出ても外野がやっぱりクリケットと混同してバックホームしてくれないから点がどんどん入ったりもして。たった6回の裏なのにスコアはバスケットボール並みの86対43になってたんですよ...(=_=;)
こんな風にあまりアメリカンスペクテータースポーツは知名度の無いイギリスだったのですが、最近はちょっと傾向が変わってきました。年に一度ですけどNFLのゲームが開催されるようになったんです。ウェンブリーでですけどチケットも即時完売とのことイギリス人の興味の高さが出てますよね。こんな調子でイギリスのマイナーホッケーとかも復活してくれるといいのになあ〜。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-11-02 19:03 | News & Media