ブログトップ
Some comforts money can buy...
っていうと私にとってみるとロンドンのブラックキャブではないかと密かに思っているんです。実は昨日は午前中にキングスクロスの北にあるバスルームショールームに改造中の浴室のシャワーユニットとかトイレを選びに行ったのですが、天気も悪くないし「バスで行ってみようか?」と思ったのが運の尽きだったようです。
エンジェルまでビニーを連れてゆっくり歩いてそこからバスの274番(だったっけ?)に乗りました。

c0052933_1963474.jpgこのバスは市街巡回バスみたいなタイプで小さいHopperと呼ばれているものです。ビニーは荷物置き場みたいなとこに置きましたが(笑)、可愛かったからデジカメしようとしたら夫に「この手すりが錆びているのが格好わるいじゃん」って言われました。夫曰く日本の方々に恥ずかしいのだそうです。だってこれが"your bloody country"の現実でしょ〜が!そう言ったら夫は笑っておりました、"Alright, alright"って(笑)。でもその後途中で事故があったらしく道は大渋滞でした。もう眠くはなるけど初めて行く所だから寝過ごしてしまったら大変だし、まさに拷問とも言えるジャーニーでしたわ〜(あぁぁ眠かった!)。

c0052933_19133575.jpg無事にバスルームでお気に入りを見つけて今度は次の目的地のポートベローへ向かうことに。でも何故か降ろしてもらえたバス停がNot in useの表示がデカデカと付いています(WHY?)。この国は意味不明なことが非常に多いですが、一瞬途方に暮れた我々は仕方なく次のバス停まで歩き始めました。すると砂漠で見つけたオアシスのように彼方からブラックキャブの姿が近づいてくるではないですか〜♡夫は何かかなり取り乱しながら道に走り出して行きました(爆笑)。無事タクシーに乗り込んでビニーもホッとしています。最近ビニーはバスもタクシーもヘッチャラなんですが、まだ地下鉄はちょっとびびります。音が結構すごいのにブルーになってしまうようです。ポートベローは予想通りのメチャ混み。アメリカ人の観光客がやたらと多かったKensington Park RoadのCafe Rougeでランチをして、私のお友達がストールを出す高架下に人をかき分けかき分け向かいました。このお友達はとっても素敵なバッグを着物の生地でデザインされているのですね。以前作っていただいたバッグのストラップが若干長過ぎるようなので縮めていただくために持って行ったのです。無事バッグを手渡して次の目的地のチャーリングクロスロードへタクシーで向かいました。夫が先日友人から勧められた写真集を買うために写真関係を専門に扱っている本屋さんに行くためです。でも人ごみでくたびれてしまった私達は「お茶したいね〜」っとちょっと寄り道で例のSketchに行きました。

c0052933_1927929.jpgウェイトレスのお姉様達に抱っこされたり写真を撮られたりと相変わらず人気者だったビニーですが、いつも通りおとなしくバッグの中から自分の回りの世界を見ているようです(笑)。私はお気に入りのカーディナルとアールグレイで夫は白くて丸っこいココナッツのムースにリンゴのマーマレード(名前忘れました)を食べました。美味しかった〜♡あのポートベローの殺人的とも思える人ごみがまるで夢の中でもあったようにゆったりと優雅なサロンドテで夫とまったりと週末気分を味あわせていただきました。

c0052933_19303192.jpgビニーは最初は鼻をフンフンさせていたけど、そのうち眠くて頭がこっくりこっくりし始めました(笑)。朝のお散歩で疲れたのかな〜?

[PR]
by lovecarrie1 | 2005-03-27 19:40 | London guide