ブログトップ
Pure love...
風邪で寝込んでいる間はこのお方が私に添い寝して下さいました。
c0052933_5511268.jpg

とは言え実は私よりも伸び伸びとベッドを占領してる?

「スーパーキングサイズにスーパーチワワサイズですよ」

c0052933_556172.jpg

ちょっと体重をかけて来るのはお止めくださいませよ。そうやって段々と自分の陣地を拡大して来るのがあなたの常套手段なのよね。スーパーキングサイズなのに何故かいつもベッドの端っこに追いやられる私って一体何...

「何のことかさっぱり分からないですよ」

c0052933_662553.jpg

実力行使で移動して頂こうとするとお得意のCharm offenseで受けて立つ毛だらけ氏。

「え〜こ〜んなに可愛いビニ〜に動けだなんてハ〜トレスじゃあないですかぁ」

こんな表情で見上げられるとついメロメロになってしまって結局毛だらけ先生の思うつぼにはまってしまう私なのでした。

実はこの10月はワンコ関連で悲しい事が2回ありました。
ひとつは私がお気に入りとして相互リンクも貼らせて頂いていた富士丸な日々の富士丸君が突然虹の橋を渡って行ってしまったことです。愛嬌たっぷりで底なしに明るい富士丸君のお顔とそれを見守る優しいパパの穴澤さんのほのぼのとした日々にブログを通じて癒されていたのですが、もうそれもないのかと思うと寂しい気持ちで一杯になります。
また富士丸君の突然の悲報の数日後には私の実家のワンコがやはり虹の橋を渡って行ったこともありました。彼女はもう18歳でワンコとしてはとても長生きでした。私はお別れには立ち会えなかったのですが、母と姉と叔母が見送ってくれました。年に2回の帰省の時にしか会えなかったけど、再会する度に大喜びしてくれたあの姿が今年の年末にはもう見られないのかと思うととても悲しくなってしまうのですよ。
どうしてワンコの寿命って人間のと比べてこんなに短いのかなって恨めしくなったりするのですが、でもでも別れる時の痛みを恐れていたらワンコとは生活できないですよね。
富士丸君も実家のワンコも最後まで精一杯愛してもらって可愛がってもらって幸せな『犬生』を全うしたと思います。瞬間瞬間をあくまでもポジティブに前向きに生きているワンコ達に私達も学ばせてもらうことが沢山あるんですよね。これからも勇気を持ってワンコのように伸び伸びと生きていけたらきっと虹の橋の向こうで尻尾を振っている富士丸君も実家のワンコも喜んでくれるのではと...。

あぁ、駄目です、書いているとまた目頭が熱くなって来てしまって(涙)。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-10-21 06:01 | Doggie