ブログトップ
In his best behaviour...
久々に毛だらけ先生のお仕事に行ってきました。このリセッションが始まって何が一番影響を受けたかというと先生のお仕事が減ったという事!どこでも経費削減なのですね(=_=;)

c0052933_18201684.jpg今回はMOREという雑誌の撮影。ちなみにこの雑誌は日本の『モア』とは関係ありませんので。イギリスで数社から出ている週刊のゴシップ系女性誌だと思います。私はこの手の雑誌は一切読まないので内容はよく分からないんですが(-_-;)

c0052933_18255026.jpgフォトグラファーに「前足をちょこんと出して座らせる事は可能?」とリクエストされてそれに応える毛だらけ氏。

「ピースオブケイクですよ」

さすがモデル歴3年のプロね。

c0052933_1829644.jpg手前の黒いシャツをお召しなのがフォトグラファー。バッグを持っているのはそのアシスタントの方。彼は撮影中もラテを買いに行ってくれたりかいがいしく働いていらっしゃいました。
フォトグラファーの方がぼやいていたのはこの不況のせいでクライアント側が経費をあちこち削ろうとすること。以前は認めてくれた交通費も最近は自分持ちでと言われる事が多いんだそうです。「俺だって出来れば電車で移動したいけどこれだけ機材を持っては無理だろ」って諦め顔で仰っていましたわ。

c0052933_18361516.jpgいつもの事なのですが、モデル事務所からはビニーの仕事の内容とかは大まかなことしか聞かされていないのです。先生も私もあちこちの現場を経験済みなので事務所の方も安心して任せてくださっているようなので。
クライアントさんからは「読者モデルのお出掛けを取材した風」の撮影なんだとか。確かにこのモデルさんは背は高いけどぽっちゃりしていてイギリスの普通の女性っぽいでしょ。ちなみにイギリスの女性は日本女性と違って太目な方が多いです。
イギリス男性は痩せている女性よりぽっちゃり体型というか肉感的の方がお好みですからね。
お隣に立つアシスタントさんはショッピングバッグを持つ腕だけが出演。アシスタントさんってこの手の役目もあるんですよね。あのBritain's Next Top Modelの撮影の時もアシスタントさんが毛だらけ氏の載ったお皿を捧げ持っておられましたし。

c0052933_19492031.jpgこの日は雨こそ降らなかったものの風が強くて屋外の撮影には全く不向き。ヘアメイクさん泣かせでした。
そんな中唯一カメラ目線で撮影オッケーなのは毛だらけ先生。

「ボサボサでも可愛さは変わらないですよ」

人間とワンコは違います。

c0052933_2043361.jpg今度は室内での撮影。
モデルさんも10cmヒールで立っているポーズから解放されてホッと一息ついています。
いつも思うのですが、ビニーはお仕事の時に手間いらずで助かるのですよ。彼は知らない人にもフレンドリーなのですが嬉しがり過ぎて興奮するということはないし、私がその場を離れてもパニックを起こして半狂乱になることもないのです。
辛抱強く私のコマンドを聞いて同じポーズを取り続けてくれる健気な姿を見ると更に愛おしさが倍増しますね。スタッフからもお行儀が良いとお褒めの言葉を頂きましたよ(^-^)

c0052933_2014448.jpgちなみに毛だらけ先生の目線の先には撮影用の秘密兵器があるのですよ。
それはこのパン(笑)。ブリオッシュというと日本ではこの形が一般的だと思うのですが、こちらでは何故かこのミニサイズのコッペパン型ばかり。お味の方はほの甘くてしっとりふかふかで美味しいですよ。

「あのご褒美のためなら野越え山越えですよ」

先生にこの集中力を発揮して頂くためにお仕事の時のみにこのパンが登場するのです。
今月末には雑誌の方も発売されるそうなのでブリーダーさんにもお送りしなくては。ビニーの事を我が子のように気に掛けてくださっているのですよ。こんな風におつきあい出来るのもビニーがペットショップ経由ではなくて信頼出来るブリーダーさんから来たおかげです。Derbyってちょっと遠いのですが、そのうち毛だらけ先生同伴でご挨拶に行かなくっちゃね。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-24 18:24 | Doggie