ブログトップ
Pride London 2009...
今日は年に一度ゲイパレードがある日です(^-^)
Pride Londonというイベントなのですが、パレードありコンサートありストリートパーティーありでとても楽しくて大掛かりな催しなのですわ。

c0052933_1342276.jpgショップのミーティングの後にコンサート会場のトラファルガースクエアに行ってみました。
お天気が良い事も重なってか広場にはもう人がいっぱい。ナショナルギャラリーの前の芝生に座って聴いていこうかなと思ったのですが、毛だらけ先生が思いっきり嫌そうなそぶりをするので止めました。スピーカーの重低音がどうもこのお方の敏感なお耳には耳障りなようでしたよ。まあかなり響く音だし毛だらけ氏にはちょっと怖いかな。

c0052933_1412625.jpgもうちょっと早く来れたらパレードの模様がもっと良く見れたのに〜。通りの両側にはバリアが設置されていて観客が鈴なりになっていました。この山車はバービーのように着飾ったおネエMANSがてんこ盛り(笑)。見物客の声援にあでやかに応えていらっしゃいました。

c0052933_1464218.jpgこちらはどうやら医療関係にお勤めされている同性愛者さんの山車のようですね。イギリスの場合同性愛者同士の結婚も法律で認められていますし、一応はゲイであるのが原因で社会的差別などはされないことにはなっています。特に郵便局や医療機関、役所等の公共機関では民間よりもその権利が守られやすい環境でもあるので、同性愛者の方達が働きやすいのではないかと思いますね。
ロンドンは世界でも有数のゲイ・キャピタルなのだそうですが、この街の『何でもあり』なのがその魅力なのでしょうね。まあこれはセントラルロンドン(地下鉄のZone 1以内場所によってはZone 2)に限られることなのでしょうけど。だから私もロンドンは基本的にZone 1以外はちょっと住めないかもと。

c0052933_1574884.jpgパレードには山車の他に徒歩で踊りながらくるダンサーもいます。こういうのは一番前に出ていないと見えないんですよね。
あぁ〜残念。

c0052933_205482.jpg今日はパレードの沿道は全て歩行者天国になっているのでかなり歩かないとどこへも行けません。フラットのグラディエーターを履いて来たので歩くのは良いのですが、人ごみが凄い...。
ピカデリーサーカスで一瞬地下鉄に乗ろうと駅の構内に入ったのですが、凄い混雑で動けなさそうだったのでまた地上に戻りました。これはソーホーを抜けてトッツナムコートロードに出た方がまだイケそう。
混んでいる場所では危ないの毛だらけ先生はキャリーの中から高みの見物だったのですが、ご本人は歩く気満々なのですね。またゲイの方々はチワワ好きな方が多いようで老若男女に関わらずあちこちで可愛がってもらいましたよ。

c0052933_2101868.jpgロンドンに詳しい方だったご存知と思いますが、ソーホーのOld Compton Streetはゲイのメッカです。まだロンドンに来て間もない頃にこの通りを通った時はあまりに男性の密集率が高くてびっくりしました。その上ゲイの方ってグルーミングが完璧でしょ。最初は純粋に「この辺には男性モデルの事務所があるのかな」と勘違いしていてイギリス人の友人に大笑いされた思い出があります。
今日のオールドコンプトンストリートはもうストリートパーティー状態。バーに入れなかったパンターが通りに溢れておりました。ゲイの男性ってストレートの男性みたいにむやみにマッチョじゃないのが良いですよね。特にこちらのストレートの若者ってアルコールが入るとやたらと攻撃的になるのが多くないですか。彼等こそゲイ達のようにリラックスすればもっと女性受けが良くなるのに。

c0052933_221652.jpg通りの中程に人だかりが出来ておりました。興味を引かれて前の方に出てみたら、ゲイボーイがセクシーな踊りを披露している真っ最中!
とっても美しいお体の男性なのですが、その肢体を悩ましげにくねらせていらっしゃるのですよ。いや〜ん、我が夫と同じ種別の生物とは思えないわん。

c0052933_225416.jpgちなみに踊っていらした曲なのですが、こちらはマイケルジャクソンでした。やはりマイコーの急死を悼んでなのでしょう。
こちらのゲイカルチャーを見て思うのですが、日本のように日陰の存在ではないですね。勿論ゲイであることが全く偏見フリーではないですけど、『同性愛者=変態』というような意識は現代の平均的なイギリス人の間ではあまり無い事だと思います。それもやはり今のイギリス人の人権に対する興味の高さを示しているとも言えるのではないでしょうか。日本でもこんな風にゲイパレードが明るく行われるような時代が来ると良いですね。リベラル万歳!

c0052933_2375322.jpg最後にとっておき画像♪
ビニーとドラッグクィーンのお姉様方のツーショットです。
大きなお手手でしっかり抱きしめてくださって毛だらけ先生もまんざらじゃなさそうな表情。

「何だかこのお姉さんのお手手はマドンナのみたいですね」

そんなことを言ったらお気の毒でしょう。

[PR]
by lovecarrie1 | 2009-07-05 01:39 | London guide